Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

それでも喜べるのか

老人ホームでの実習、なんとか無事に終える事ができた。
終わってしまえばあっという間の五日間。
僕はこの五日間で一体何を学んだのだろう。
何か変わったのだろうか。

老人ホームというコミュニティに、学生が一人入り込んだ。
職員さんも利用者さんもみんなやさしかったけれど
なんだか自分が異分子のような、
いてはいけない存在のような気がした。

僕は介護を勉強しているわけではないから、難しい身体介助はできない。
担当の人が丁寧な解説をつけてお年寄りの排泄介助や離床介助をしている姿を
ただ見ているだけ。
もちろん食事介助や簡単な仕事は僕もずいぶんやったし、
お年寄りとの会話は五日間で何時間したか検討もつかない。
けれど、それで職員さんが助かったかというと、
そんな感じはしない。
いつもちょっとした気まずさを感じていた。
すごく疲れた。

まあこれも社会勉強か。



ひとえに老人ホームと言っても、そこに集うお年寄りの状態は様々。
身体に障害のある人、
認知症の人、
またその両方。

長く生きれば、人は誰でも年老いる。
体力は衰え、
視力は落ち、
思考は鈍り、
髪は抜け、
醜くなる。

今はとびっきりの美人だって、
かわいいあの子だって、
年老いれば皺だらけのおばあちゃんだ。
そして死ねば腐って腐臭を放つ。

実習中、二日間痴呆棟にいた。
午前中かなり長い時間お話をしたおばあちゃんも、
午後には僕の事をすっかり忘れている。
僕は彼女の経歴も生まれた場所も家族構成も知っている。

夕方になると7歳年上のお兄さんが迎えに来るからと言って、
帰ろうとするおばあちゃん。
彼女は今年で101歳だ。


若い僕は、今は色々な事ができる。
できない事もあるけど、それでも多くの事ができる。
行きたいところに行ける。
しかしいずれ年をとり、できない事が増えていく。
そうなった時に、それでも喜べるものを見つける事ができるのだろうか。
今、それを握っているだろうか。





※何故かおばあちゃんにはモテモテでした僕。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-01-22 23:59 | 随想 | Comments(6)
Commented by hatoko at 2006-01-23 14:02 x
お、なんだか考えるひろろになってるね。
よいことだ。
若いうちに人生の老いを考えることって大切だと思う。
私も始めて老人介護施設でボランティアをしたときショックがでかかった。
帰ってから泣いて親に手紙書いたな~
「何で神様は老いを造られたんだろうか」って。
答えはまだ見つからないけど、やっぱり休むためじゃないかなって思う。
人生80年。
頑張って生きてきたわけだから、人は休まなきゃいけない。
人生の中で油の乗っている時期を経験した人たからこそ
自分の無力さに失望したりもするかもしれない。
だけど、そんなときにこそ神様の偉大さを感じられて感謝できたらいいよね。
それから、よぼよぼでしわも増えて髪も薄くなって…
そんな人を見るとき「健やかなる時も、病めるときも…」っていう
結婚の誓約のすごさを感じるんだよね~。

※かわいくボケたいhatokoでした。
Commented by hiroro_special20 at 2006-01-24 22:37
うん、今日は考えるひろろに・・・ってアレ?
いつもは考えてないみたいに聞こえるぞ(笑)

なるほど~、休むためか。
確かに頑張る時期があれば休む時期も必要だね。
でも、あまり頑張ってなかった人はどうなんだろう、
とか思ったり。自分がそうだからさ。

僕もよくわからないけど、
今持っている力や美しさもいずれは確実になくなるものだから、
いつまでもなくならないものに望みをおけるようになるのだろうね。
Commented by もじゃもじゃ先生 at 2006-01-25 00:20 x
フランスのカトリック作家モーリヤックは言いました。
「老年は、何倍もの試練にさらされる時期にいるという危険を冒している。老人の創造力は、恐ろしい仕方で、自然に拒絶されたものの代用を務めているからである。」
年寄りになると、逆にその時間が誘惑となって襲ってくることもなきにしもあらずだ。
頑張る必要はないよ。
ただ熱いか冷たいかどっちかでいいんだよ。
年とっても死なないってことは、まだ神様が自分の人生に用意されてる計画を達成してないのかもしれない。
それすら知らずに死んでしまう人も悲しいけどいる。
自分の生きる目的。
僕は自分の人生を完了した時に、「僕は僕の人生を生きた」といいたいね。
それを実行した聖書の人物は何人もいるけど、一番僕が好きなのはカレブさん。
モーセにまで期待を裏切られても、絶えず自分の信念を曲げなかった。
若者を励まし続ける彼の姿に感動します。
Commented by ロコもしくはヒロ at 2006-01-25 11:57 x
わたしのおばあちゃんも認知症。今グループホーム入ってます。
わたしを誰かわからなくなるとき(たまになんだよね)は、とても泣きたくなるけれど
認知症って、すごくかみさまの恵みだと思うんだ。
年をとって 死に行く前に 「子供のように」なることができる。
おばあちゃんはとても頑固な人で、聖歌隊で歌うから来てって言っても教会来てくれなかったのが
今は素直に、賛美歌を聞いて喜んだり(もともと歌好きだったみたい)
グループホームの近くにある教会につれてってもらったりもできるようになったの!
きっと、認知症にならなかったら、おばあちゃんは死ぬまで頑なにかみさまを拒み続けていたと思う。
お世話しなきゃいけないこととか、前より頑固になってることとか、大変なこともあるけれど
かみさまが「最後のチャンス」をくれてるんだって思うと、すごく嬉しい。
きっとおばあちゃんはしあわせだと思う♪

余談ですが、わたしはなぜかおばあちゃんになるのが楽しみだったり(笑)
なんでだろ??
でも白髪なるのたのしみなのーー 「年寄りの冠はその白髪」だし!!
Commented by hiroro_special20 at 2006-01-26 00:39
>もじゃもじゃ先生
カレブときたか。
きっと以前もじゃ(以下略)に教えてもらわなかったら彼の生き様に気づかなかったろうな。
分かち合い感謝。

ふむ。多分僕は熱くも冷たくもなく、
生ぬるく生きる事と自分が頑張らない事を同義にしてるのだろう。
もじゃ(以下略)が言うように自分の頑張りに頼る必要はないよね。
でも与えられたものを使う努力は必要だと思うんだ。
じゃないと1タラントを使わずに埋めて叱られた悪いしもべのようになっちゃう。
だから頑張ると言うと語弊があるかもしれないけど、
なんと言うか、もう少し勤勉でありたいです。
Commented by hiroro_special20 at 2006-01-26 00:49
>モコ
年をとるのが楽しみっていうのはステキだね。
僕も、肉体は日々衰えても内なる人が新たにされてゆく事を喜びたい。
老いる事で失うものもたくさんあるけど、
それ以上に受ける恵みに目を留めていきたい。

おばあちゃんの事分かち合ってくれてありがとう。
僕の祖父母は健在だけれど、まだキリストを知らない。
「最後のチャンス」、与えられると良いな。
モコの話を聞いて励まされたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite