Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

第5回聖書通読セミナー

気づけばもうとっくに年が明けていますが、
それでも過去を振り返ります。
聖書通読セミナーの報告。
e0048121_1251710.jpg
上は我的中文老師のはなからもらった集合写真。
参加者は18人だったかな。

通読セミナーに参加するのはもう5回目。
僕は第1回目のあった一昨年の4月から、
このセミナーで紹介されたDaily Bread(以降D.B)というデボーションガイドを使用してる。
これはイギリスのRobert Murray M'cheyneという、29歳で夭逝された牧師の作った物。
ガイドといっても書かれているのは日付と聖書箇所だけ。
一日に読む量は4章~5章。
これで一年に旧約聖書を1回、新約聖書2回、詩篇を2回読める。

僕は一昨年の4月から始めて1年8ヶ月くらい経つから、
旧約を1回半、新約を3回、詩篇を3回と少し読んだ計算になる。
質はともかくとして、とにかく読んだ。
継続力のない僕がこうしてD.Bを続けてこれたのは、
みことばからたくさん恵みをもらったからでもあるし、
毎日同じ箇所を読んでいる友人がいたからでもある。
そして今のところ定期的に行われているこのセミナーで、
毎回D.Bを使って参加者たちと同じ箇所から恵みを分かち合っているからでもある。

このセミナーの講師は毎週2回はメッセージを聞いている母教会の牧師でもあるから、
必ずしも講義内容は僕にとって新しい事ばかりではない。
それでも僕がこのセミナーに喜んで毎回参加するのは、
集まる人たちとみことばからたくさんの恵みを共有できるからだと思う。
それに、僕はキャンプも大好きだけれど、
それとは違うセミナーのフレキシブルな雰囲気が僕を休ませてくれる。
みことばのパンから栄養をもらい、
まったりと休む。
僕にとって通読セミナーはそんな存在。
許される限りはこれからも参加していきたい。



セミナー後、ブログでも紹介した前日まで行われて中高生冬キャンプの目玉、
A-1グランプリのビデオを見た。
e0048121_1291524.jpg
実はセミナー参加者の大半が冬キャンプのカウンセラー。
みんな我が子の活躍を見守る父母のように画面に食い入ってた。


そして彼は今回のセミナー唯一の冬キャンプキャンパーからの参加者、Sho。
彼は僕の主にある兄弟であり、血の繋がった実の弟でもある(嘘)。
e0048121_1334976.jpg
似てるってよく言われます。
顔というか、キャラが。
確かに話していると、良くも悪くも僕の思考と似ている所がチラホラ。
こう言うと本人に失礼かもしれないけど。

彼はこの日、夏の賛美セミナーで受けた恵みを詩にして歌ってくれた。
勝手に録音して今でも勝手に聞いてます。
個人で楽しむだけだから大丈夫です。きっと。
・・・だよね?shineのみなさん。

Shoのことはずいぶん前から知ってるけど、
よく話すようになったのは割と最近かな。
これからもますますお世話になります。





※なんだか本物の弟より似てるな・・・
by hiroro_special20 | 2006-01-03 23:59 | 非日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite