Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

書きたいことはたくさんあるけれど。

これから、お引っ越しです。

本日の天候は

雨。

でもどんなに嵐が吹き荒れていようとも、
雲の上は晴れているのです。いつだって。
これって象徴的(何が)


同居人二人がシズオカとヤチマタに帰省中ため、
小生が新居入居者第一号の重役を任ぜられました。

迷わずにおうちに帰れますように。

e0048121_9251759.jpg





※同居人の一人はファゴット吹きです(嘘)



※えー、僕のgreat mistakeにより、入居者第一号はS岡さんとS本さんになりました。
 でも移動効率はよくなった、かな。いや、ほんとごめんなさい・・・。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-03-10 07:50 | 日常

海とカラス

我が家に二人の友が来ました。
群馬人と埼玉人が、遠路遙々ODWRまで。
G太くんとM崎くん。

e0048121_0124447.jpg


集まる時間が遅かったのでODWR観光と洒落込むことはあまりできなかったけど
大事なのは場所ではなく面子。楽しくないわけがない。

夜は地元の銭湯に行くつもりが現地に着いてから増築工事中だと判明し、
仕方がないので2時間ほどゲーセンで遊んだり男三人でプリクラ撮ったりしてみた。
テンション高いのか低いのか、なんとも煮え切らないこの面子の空気、
僕は大好きです。

深夜、三人で大学生活を初めとした大量の写真を眺めつつ、
僕らのKGK活動を振り返ったり振り返らなかったり。
ちなみに僕の中高生時代の写真にはM崎くんがびっくりするほど写り込んでおり
僕のアルバムなのかM崎くんのアルバムなのかわからないくらいだった、
と言ったら大袈裟だけれど、そんな面白い発見もあった。

e0048121_0304522.jpg


次の日は午前中からぜろはち同期会の運動会でしたが、
午前3時まで映画鑑賞したり朝7時半に自宅から徒歩5分の海(自慢)に行って
はしゃぎまくっていたら2時間半の大遅刻をしてしまった。

いや正確には大遅刻の原因は海だけではなく、
一羽のカラスの起こした事件も大いに関係しているのです。
予定を大幅に遅れて我が家を出発し駅まで歩いているとですね、
落ちてきたのです。僕の頭上に。

カラスの糞が。

脳天への衝撃に驚いて頭上を見上げると、お馴染みの黒いシルエット。
そこには一羽のカラスが。頭に手を当てると、指先に
どろどろとした白と茶色の入り混じった半個体の物体が。すごい確率。
狙ってやったとしか思えない。忌々しいカラスめ。

家からそれほどは離れてなかったし、頭に糞付けて一日過ごすのも嫌だったので
一端帰宅して洗髪していたらさらに到着が遅くなったと、そういうことの次第です。
僕が洗髪する間ポップコーンを食べながら寒い中駅で待っていてくれた二人には、
足を向けて寝られません。ほんと。ありがとう。

とにかくそういう訳で、僕らの遅刻は海とカラスのせいなのです。


運動会はとにかく身体を使った。当たり前だけど。
体力の低下をひしひしと感しつつも、思い切り身体を動かす楽しさも再認識。
その後は渋谷やら横浜で食事や買い物したり
四人くらいの友にジュースをおごらせて頂いたり。
帰る頃には満身創痍。

でも高校時代の部活の後のような、
心地よい疲労感だった。

満足満足。

e0048121_2382158.jpg





※そして今日は筋肉痛、と。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-03-06 02:45 | 日常

イイワケ

うーん、完全に僕のミステイクにより、
前回の記事はいろいろ語弊があったようですが、
自己や他者を痛めつけて喜ぶ嗜虐性には、
神様の基準の、というか、神そのものである愛はないよな、
ということが言いたかったのでした。

うん、わかるわけない。


因みに冒頭のエジプト呪法師の話は、
モーセとアロンを通して行われる神様の奇跡に対抗して
自分たちの首を絞めるようなことを行おうとする呪法師達の被虐性と、
僕の嗜虐性を対比させたりしていたのでした。

うん、わかるわけない。



先日ある場所で、

「きみ18歳くらい?」

と言われました。
平成生まれかぁ。
確かに18歳当時の写真と今を見比べてもあまり変わってないかもしれない。
けどあまり若く見られるのも微妙な心境だなぁ。正直嬉しくない。
くそぅ。

今度ネイビーブルーのTシャツを着て
真っ赤なリンゴをほおばってやろうか。





※最後の二行もわかりにくい、かも。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-03-01 23:31 | 随想

じゅんコン

「モーセとアロンは主が命じられたとおりに行なった。彼はパロとその家臣の目の前で杖を上げ、ナイルの水を打った。すると、ナイルの水はことごとく血に変わった。
ナイルの魚は死に、ナイルは臭くなり、エジプト人はナイルの水を飲むことができなくなった。エジプト全土にわたって血があった。

しかしエジプトの呪法師たちも彼らの秘術を使って同じことをした。」
出エジプト7:20〜22


いやいやダメだろ同じことしちゃーーー
と、ここ3年思い続けているひろろです。



先日、友人の出演するコンサートに行ってきました。
とても、楽しい時間でした。

何というか、専門的なことは分からないけれど、
演奏にその人の人間性が表れるというのは、きっとそうなのだろうと感じた。
そして人間性と言えば、その友人はとても豊かだなあと、最近よく思わされます。

ひどく繊細だったり単純だったり
聡明だったり阿呆だったり
浮いたり沈んだり
とんだりはねたり

七転八倒、疾風怒濤
きっと本人は色々なものを抱えているのだろうけど、
それを心から心配しつつもどたばた劇を見ては
結構楽しんでいる自分の嗜虐性を自覚してみたり。
そこに愛は・・・ない、ですよね、やっぱ。


いやとにかく、彼女のより一層のご活躍を心からお祈りする所存であります。





※最近マックでプレミアムローストコーヒーと言おうとすると必ず噛みます。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-02-29 01:20 | 日常

どんBAY

大学の専攻、サークル、KGK、
至る所で暖かく送り出してもらいながら、
少しずつ、卒業するんだという実感が涌いてきた。
長かった学生生活にも、
ついに終止符が打たれようとしております。
(単位が出れば)
e0048121_193429.jpg


先日、KGKのBAYブロックで我々卒業生プロデュースの継承合宿を行った。
追い出される僕らが、学生生活を通して受けたものを後輩達に伝える、
いわば与える側として準備した合宿なのだけど、
沢山のものを与えられ、またすでに与えられていることに気づかされた時となった。

与えるようで与えられていて
受けるばかりで何もできなかったと思う時に、実は与ることができていて。
神様の業ってとても不思議。



この4年間、決して楽しいことばかりではなかった。
というか、いつも心の中は雨模様だった。けれど、

「あなたがたは、苦しみなさい。悲しみなさい。泣きなさい。
あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい。」ヤコブ4:9


という御言葉が、決して

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
第一テサロニケ5:16〜18


と矛盾しないことを、
神様を知らなくても喜べる薄っぺらい喜びではなく、
苦しみや貧しさの中にあっても感謝だと言える深い喜びを、
ほんの一部分ながら、知ることができた4年間だったように思う。
e0048121_1311817.jpg


集会中、4年間の学生生活を共にした学友でもあるNから、贈る言葉を貰った。
留学をした彼は、もう1年、大学に残る。
当たり前のように毎日同じ時間を過ごした彼とも、
もう大学で会うことはなくなるだろう。

僕もNも、溢れる涙を抑えることができなかった。
4年間を通して育てられた彼との友情を、心から感謝した。
本当に、良い時間だった。



そんな彼とは、来月から同じ家に住みます・・・・・。
e0048121_1423988.jpg

その事実に若干周囲の雰囲気が壊れつつも、
やはり喜びに溢れた合宿だったのでした。

ハレルヤ。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-02-25 01:53 | 非日常

Gメン

先々週だったか、増加する高齢者の万引きについて
ある番組で取り上げられていた。
許されないこととは言え、
おばあさんがスーパーの控え室で若い(少なくともおばあさんよりはずっと)
店長に取り調べられている光景は、見るに忍びなかった。


見る人が見れば明らかに慣れた手口だと分かるにも関わらず、
「今回が初めて」
と言い張るおばあさん。

店長が名前を聞いて調べてみると、過去にも何度か他の店員に注意されたり、
取り調べを受けていたことが発覚。
その度に反省しているからと警察沙汰にはしないでもらっていたのだった。
これには店長も激怒し、今度ばかりはこのおばあさんは通報されるに至った。

その時、店長の放った言葉が

「あんたは、ゆるしてくれた人の気持ちを裏切ったんだ!」



ゆるしてくれた人の気持ち。

僕は一体何度裏切ってきたのだろう。
そしてこれから何度裏切るのだろう。

人はその犯すどんな罪も赦してもらえる。
それは確かな救いのメッセージだけれど、そのたびに
「見なさい。あなたはよくなった。もう罪を犯してはなりません。」
と言われているのだろう。

罪を犯す度に、「もう罪を犯してはなりません」と言われた方の気持ちを
裏切ってしまっていることを、開き直らずに覚えたい。

と、夕食の焼き肉を食べながら思った次第です。

e0048121_16444694.jpg


先週卒研と、その発表会が、無事、終わりました!!
最後まで論文と製作物に追われ、〆切時間ぎりぎりに提出。
昨日最後のレポートも出し終え、これで

フリーダム!!!!

です。Yahoo!!!!!!


順調にいけば来月引っ越します。
23年間過ごしたオダワラから、
5年間通い続けたヨコハマに移住します。
と言うわけで、近場の皆さん、ぜひ遊びましょう。




※しかし一人だけでもやりたいことがたくさん!!
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-02-14 16:56 | 日常

小田原慕情

卒論(正確には卒研)が終わりません。

朝から晩まで研究室か木工室に籠もりきり。
静かな夜に一人で木屑にまみれながら作業するのも悪くないけどね。
とにかくもう3日くらい自宅に帰っていません。故郷が恋しい。

しかしその代わり、大学に近い素敵なプレイスに毎晩ステイさせてもらっています。
そこでは朝目覚めると朝食が備えられています。
基本的に朝食を食べない僕が朝からがっつり頂いています。
小さいけれど暖かい部屋に美味しい手料理。至れり尽くせりです。
なんて素晴らしいんだ。
e0048121_16384921.jpg

さっき作業が一段落したので、気分転換がてら
珍しくバトンをやってみます。拾った。
内容が無いので相当暇な人でない限り読まないように。

◎昨日の夜は何時何分に寝た?

 1:30am

◎自宅で寝てましたか?

 もうある意味自宅。

◎寝る時の格好は?

  昨夜はジーパンとシャツ。寝間着がなかった。

◎睡眠は、何時間必要?

 理想は7時間。

◎寝相はいい方?

 今朝は使ってた寝袋が180°回転してた。横にね。

◎最近見た夢は?

 卒論に追われている

 とか夢だったらいいのに・・・。

◎好きな人の隣りで寝る時の心境は?

 ぐっすり。

 少なくとも昨夜は。

◎腕まくら賛成派?

 賛成も反対もしないけど、腕枕はしょっちゅうする。

◎女のコのすっぴんは好き?

 嫌いじゃない。

◎起きるのに、めざまし何個必要?

 3個。

◎朝は強い?弱い?

 その日のモチベーション次第。

◎起きたらまず何する?

 見た夢を反芻してみる。

◎朝はごはん派?パン派?

  シリアル。

◎起きてから外出するまでにかかる時間は?

 1時間〜5分。

◎毎朝かかせないことは?

 ヨーグルト。

◎通学&通勤方法は?

 ちゃり→電車→バス→徒歩

◎1日何食食べる?

 2食+間食。基本的に。

◎自炊する派しない派?

 したい派。

◎彼女(彼氏)の手料理食べたい?
 
 まあそれなりに。

◎好きな食べ物を3つ。

 ・すあま
 ・落雁
 ・エクレア
 ・広島風お好み焼き

 あ、4つだ。

◎嫌いな食べ物を3つ。

 ・3年前中国で食べたきゅうりみたいな形をした得体の知れないナマモノ。
 そのくらいしか思い浮かばない。

◎好きな人から嫌いな食材が入った食べ物もらったらどうする?

 食べる。
 むしろ入ってたらすごい。

◎ちなみに、今は何してる?

 休憩。

◎バトンを5人の人にまわして下さい。

 断る。




※一部すごい語弊があると思いつつあえて訂正しない方向で。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-01-30 17:00 | 日常

夜は劫々と更けまする

やるべき事が終わらず、
今晩は研究室にお泊まり。
聞こえるのはエアコンの起動音と
自分がキーボードを叩く音。
そしてmy macから静かに流れるBGM。



「夜は劫々と更けまする。」



劫々ってなんだ?



相変わらず卒論が終わりませんが、
今やっているのは古典の期末レポート。

古典、です。

徒然草や竹取物語と格闘中。専門外。
まあ国語の教員免許もとるから良いのだけど。


やるべき事が山積みの時に限って、
本格的に部屋の掃除をしたり、
昔読んだ漫画を読み返したり、
ギターを弾きまくったり、
ハーモニカを吹きまくったり、
blogを更新したりするのは何故でせう。


気分転換か。
現実逃避か。



とにかく作業も一段落したので、
そろそろ持参したシュラフに潜り込もうと思います。



小田原には雪が降りません。


e0048121_232916.jpg

[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-01-25 02:38 | 随想

古着屋・ガラテヤ

その日、僕は立てていた一日の予定が狂わされ、
少し苛々しつつ東海道線に乗り込んだ。
いかんいかんと思い、座席に座り、静まって聖書を開く。

使徒16章。

予定の日より二日遅れた通読箇所。


「それから彼らは、アジヤでみことばを語ることを聖霊によって禁じられたので、
フルギヤ・ガラテヤの地方を通った。」
使徒16:6



パウロはアジヤで伝道することを禁じられ、
この後も行く先々で、聖霊によって進む方向を変えられる。
パウロの計画は幾度となく変更させられた。
そして最終的には幻の中にマケドニア人が現れ、
マケドニアへ向かうように示される。

これを読んで、僕の浅薄な善悪の知識は叫ぶ。
だったら最初からマケドニアに行くように言ってくれればいいじゃん神様、と。
でも勿論、天が地よりも高いように、
神様の思いは僕のそれよりも遙かに高い。



先週JECA主催の結婚・家庭セミナーに参加し、
待つことを通して信仰は成熟することを学んだ。

神様のみこころが分かれば、
もう悩むこともない、傷つくこともない。
そう思って僕は神様のみこころを求める。
でもみこころを知るとは、そういうものではないのだろう。

神様に祈り待ち続ける中で、僕たちは練られ信仰は成熟していくのだ。

一日の予定が狂わされたこと、
通読が予定よりも遅れていたこと、
それが用いられ、大事なメッセージが語られた。

僕のささやかな計画がキリストによって揺るがされるところに、
大きな意味があり、祝福があるのだ。

そう、心から信じる者でありたい。

e0048121_2213045.jpg




※ところで昨日は素敵な「待つ」体験をさせてくれたN村くんに心から感謝します。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-01-20 22:20 | 信仰

りせっと

あっという間に松の内が過ぎ去り、
慌ただしい日常が戻ってきた。

e0048121_141312.jpg


年末年始は、奥多摩で過ごした。

中高生キャンプ
聖書通読セミナー

二日間帰宅して
元日に再び奥多摩へ戻り、

新年聖会。

それぞれが、今の僕にとって必要な時間だった。
社会人を目前に、好きなときに奥多摩に行けることが当たり前でないことを、
ひしひしと感じ始めている。
数少ない僕がもらった年賀状の7割以上が、奥多摩で関わったキャンパーからだった。
僕の大学生活の象徴的な出来事だった。

自然も、空気も、そこで出会う人たちも、全てひっくるめて、
僕は奥多摩という場所が好きなんだ。
次はいつ奥多摩に戻れるだろうか。

e0048121_1505846.jpg


年末に、5年間心を尽くして祈り求めた事に対して、

NO

という返事を、神様から割とはっきりしたかたちでもらった。
がっかりしていないと言えば嘘になる。
それが間違っているとしても、バスに乗り遅れてしまった感は否めない。
求め続けたものが、与えられない。

しかしそれでいいのだ。
僕が必死でパンを求めたら、パンをもらえるとは聖書は言っていない。
でもパンを求める者に石を与えるようなことを、神様はなさらない。
だからいいのだ。
僕に本当に必要なものを、僕は知らないのだから。



自分がいかに目に見えるものに動かされやすいか、ここ数年痛感している。

りせっとしなきゃ。
僕の心を、
置くべき所に。

そこに僕の宝があるように。





※冬の奥多摩の星空は、涙が出るほど綺麗でした。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-01-10 02:18 | 信仰

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite