Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

13日の誕生日。

相変わらず更新が滞っていますが、
職場復帰しました。

e0048121_0111374.jpg


先月は水族館行ったり結婚感謝会行ったりみなとみらい行ったり
房総半島を暴走したり鍋会したり奥多摩で奉仕したり

まあいろいろありましたが全て守られ喜びの内に終わり、
忙しい生活がやってきました。

同僚の先生方は素敵な人ばかりだし子ども達は可愛いし
会議は祈りと賛美歌から始まるし、良い環境で働かせてもらっているなあと思います。
いやほんとに。

けどやはり、身体のことも含め祈られる必要を日々ひしひしと感じています。
そして実際祈ってくれる人たちがいることはすごく嬉しい。

続けて祈りの手を引っ込めないでいてもらえたら幸いです。
僕も祈ります。


そいでは。

取り急ぎ雑感までに。

あー眠い。

e0048121_0192418.jpg

[PR]
# by hiroro_special20 | 2009-04-14 00:19 | 日常

10 years.

先週末、大切な2人の友人の結婚感謝会に行ってきました。
一週間前に四国の教会で式が挙げられ、
その式に出席できない関東の関係者を対象に開かれた祝宴の会。

新郎新婦両人とも、僕が中学生の時以来奥多摩のキャンプを中心に
ずっと親しくしていた大好きな友人達であっただけに、その2人の結婚ということで
それだけでもすごく感慨深かったのですが、
集会中流された2人のこれまでの歩みや結婚に至る経緯を紹介するムービーを見ていて

あの時もあの時もあの時もあの時も、

神様は確かに働いていたのだなあとリアルに感じられて、
とても感謝でした。感涙。


そしてそして、
後になってあれは導きだったのだなあと振り返られるのももちろん感謝なのだけども、
たとえ実感として現在そう感じられないとしても、確かに彼らの信じているのと同じ、
愛である神様が自分をも導いてくださっているのだと再確認でき、
それもまた感謝でした。

e0048121_024872.jpg

話は変わって。
明日からまた奥多摩に行ってきます。
小学生キャンプの奉仕。

僕は何年か前の春、
奥多摩の杉林の中に、「黄色い霧」のようなものを見ました。
風に吹かれて悠々と舞っておりました。

おそろしいことです。

頑張ります。
e0048121_0244151.jpg


※10 years ago.
[PR]
# by hiroro_special20 | 2009-03-25 00:24 | 随想

ジソンカンジョウ

最近読んだ心理学の本に「自尊感情」という言葉があった。
これが高い人は、自分が批判されてもあまり気にならないらしい。


ん、逆じゃね?


と思ったが、いわゆるプライドとか自尊心といった言葉とは少し異なるみたい。


自尊感情とは「自分自身を価値あるものとする感覚」であり、
これが高い人は自分で自分を価値ある者と認識しているから、
人に貶されたとしてもそれほど気にしない、と、そういうことらしい。

逆に自尊感情が低い人は、自分で自分に価値を見いだせないから、
人の評価によって自分の価値を見出そうとする。
だから人の目がとても気になるし、
馬鹿にされたりするとすぐ腹を立てる。


で、自分は果たしてどうなのかと言うと、
決して自尊感情が高いとは言えないのだろうなあと思ふ。

が、以前と比べれば、自分で自分に価値を見いだせなくても、
それでもキリストが死ぬほどに価値を見出してくださった神様の視点で、
少しは自分を見られるようになったなあと思うのです。

失敗したら、そりゃあそれなりに凹むし、
迷惑をかけた人には謝らなければと思うけど、
でも、失敗したから神様からの愛が1ミクロンでも損なわれることは、決してない。
必要以上に失敗を恐れたり人目を気にしてビクビクする必要はないんだ。

そう思えるように変えられてきた事は、とても嬉しい。

e0048121_2363510.jpg

ちょっと思った事を書きたかっただけなのでこれだけなのですが、
とにかく、それはそれとして、

昨日の検査が守られ感謝でした。異常ナシ、です。


来月から教員復帰っす。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2009-03-10 21:56 | 日常

コンビニ終点

目が悪くなりました。

大学入学時は確か両目とも1.2~1.5はあったはずなのに
ここ1,2年で目を細めることが多くなった気がして
ついに先日眼鏡屋さんできちんと計ってもらったところ、
予想以上に視力が低下しておりました。

小中学生時代はどんなにテレビゲームしても暗いところで本を読んでも
勉強しても(これはあんまり)視力は良かったのに。

席替えの時は、目が悪いばっかりにそのエキサイティングな行事に加われず、
強制的に最前列に座らせられる同級生を哀れんでいたのに。

そんな僕もついに伊達以外の眼鏡を使用する時が来たようです。


天才的にモノを紛失するのが得意な僕ですが、
せいぜいなくさないように壊さないように眼鏡とも上手く付き合っていきたいです。



e0048121_11471279.jpg



コンビニ終点。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2009-03-03 11:57 | 日常

鈍麻

友人に送る手紙を投函しに出かけた。

国道を挟んで家のすぐ向かい側にあるポストへ。

ちょうど集配車が停まっているのが見えた。

車通りが激しくて、ポストは目と鼻の先なのに間に合わなかった。苛立った。

急ぎだったのもあるけど、そのくらいのことで苛立つ自分に苛立つ。悪循環。


田舎だが流石国道、なかなか車が絶えないので、

少し離れたところにある信号機を経由した。ポストまでの往復を、軽くジョグった。

陸上部時代を思い出しながらリズムを刻む。体が弾む。

当時と違うのは、筋肉の落ちた膝にかかる体重の予想以上に重い負担。

地面を踏みしめる、薬の副作用で鈍った足の裏の感触。

e0048121_2140040.jpg


あと数ヶ月もすれば生まれて四半世紀が経つし、

特殊な訓練でもしなきゃ記憶力も身体能力もこれからは落ちる一方。

持っていたモノが無くなるのは残念だけど、

ますます神様に信頼し頼ることができる恵みもある。

それはいい。

けど、できる努力は怠らないようにしないと。信じて待つ事と怠慢は違う。

与えられているモノは、きちんと使わなきゃ。

神様から預かった身体、正しく管理せねば。

健全なる精神は健全なる肉体に宿る

とも思わないけど、

神様が預けてくれたモノのスペックを発揮するのに

良い状態を保つ努力は必要。

それでもどうにもならい事は、信じて委ねます。

とりあえず、



早寝早起きを心がけよう・・・。




※いつも有言不実行な自分に凹
[PR]
# by hiroro_special20 | 2009-02-22 21:40 | 日常

犬は炬燵で丸くなる

あ、明けましておめでとうございます・・・。

あっという間に2009年も12分の1が終了。
奥多摩の中高生キャンプや通読セミナーの報告すると言いながら
もう一ヶ月経ってしまった。
もう興味ある方はここらへんを読んでいただければよいかと。
僕の個人的に受けた恵みを聞きたい方は、ぜひ個人的に聞いてください。
じくどうしてごめんなさい。

e0048121_022565.jpg


ところで、「求められない」「期待されない」というのは、
なかなか残念なことだなあと最近思いました。
いや無理難題を押しつけられても困るのだけど、
何かしてあげたい、助けたいと心底思う人に
何も期待されないのはなかなかつらい。

でもそんな時、あぁ神様はいつもこんな感じなのかなぁと思ったり。
あらゆる恵みを溢れるばかり与えることのできる方が、
僕を良いもので満たそうと腕まくりして
最善のものを用意してくださっているのに、
それほど期待しない、求めない。
あるいは神様は期待した程には良くしてくださらないんじゃないかと
勝手に見限って心から求めることを恐れてしまったり。

これはがっかりするよね神様。

友達のために豪華な誕生日会を企画して一所懸命準備して、
いざ当日になってからその友達に

「ゴメン、今日バイト入れちゃった」

って言われるよりがっがりしてるよね。
その日のバイト代なんか話にならないくらい
豪華なプレゼントと食事とプライスレスなスペシャルゲストも招いてるのに!!

って。

いや別にそういう事が実際あったわけじゃないけどね。


求めない、というのはそれだけで罪だ。
もっともっと、大いに期待して求めたい。



それにしても、
気づけば炬燵で丸くなって寝ているうちの犬は
犬としてどうなんだろう。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2009-02-04 01:16 | 信仰

花も

奥多摩から戻ってきました。

e0048121_13163010.jpg


12月25日〜27日まで、中高生冬キャンプでした。
まさか今年も奥多摩で奉仕をすることが許されるとは。
毎回感謝だけれど、半年前の状態を考えると今回の喜びは一入だったし、
一緒に喜んでくれる人たちの存在も本当に嬉しかった。

んで、今日からまた奥多摩入り。
第11回聖書通読セミナー。
なんだかせわしないけど、向こうではゆっくりしてきます。
キャンプやセミナーの詳しい報告はまたいつか。

行ってきます。




※雪だるま製作:SUZUKIさん
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-12-29 13:39 | 非日常

棄てる。

最近、捨てることが快感です。

モッタイナイ、とはあんまり考えません。

もしかしたらのちのち必要になるかもしれない
捨てたあとで後悔するかもしれない

なんてことも、それほどは考えません。
必要ないものを置いておくスペースがモッタイナイ。

ごちゃごちゃした部屋でなくした物を、
探す時間がモッタイナイ。

シンプルが一番。

と、思うんだけれど、やっぱり捨てられないものは捨てられないのです。
中にはもちろん大事なものもあるけど、
必要ないというか、寧ろ捨てるべきだと思いつつも手放せないものもたくさん。
固く握りしめた手が動かないのです。

罪故に。

そのせいでひどく人を愛しづらくなったりもします。
だからそんなものは放棄した方がよっぽど楽だと思うのに。

棄てるべき思いや欲求を堅く保持して、
そのせいで自分で自分の心をひどく窮屈にしてるなあ、と最近よく思う。
手放すどころか、それを人に押しつけてしまったりすることも。酷い話だ。
真理は僕らを自由にするのにね。


e0048121_18473044.jpg



あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
エゼキエル 18:31

わたしは彼らに言った。『おのおのその目の慕う忌まわしいものを投げ捨てよ。エジプトの偶像で身を汚すな。わたしがあなたがたの神、主である。』と。
エゼキエル 20:7





※写真はイメージです(温泉卵の殻です)。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-12-12 18:48 | 信仰

朝にあなたの

朝蒲団から出るのが辛い季節になってきた。
でも僕は朝が好きだ。
手つかずの朝、と言えるほどの早朝には滅多に起きないけど、
最近は6時くらいでもまだ薄暗いので、かなり早起きした感に浸れる。

夜はタイマーで音楽をかけっぱなしにして寝たりしてしまうけど、
早朝の沈黙にはBGMをかけるのは野暮のような気がしてしまう。
聞こえるのは微かな小鳥のさえずりと、
国道を走る車の走行音(あーこれはいらない)

みことばに耳を傾けるのも、できることなら朝がいい。
悶々と不毛な考え事をしがちな夜より、
よほどすっきりみことばに心を向けられる。

「朝にあなたの恵みを聞かせてください。
私はあなたに信頼していますから。
私に行くべき道を知らせてください。
私のたましいはあなたを仰いでいますから。」
詩篇143:8


e0048121_13271683.jpg


あ、ずいぶん報告が遅れてしまいましたが、
先月の検査結果は、全くの、無問題、でした。ひとまずは。
はれるや!!
自己満blogのつもりが、
思いの外僕の現状に関心を持って読んでくださっている方が多いようなので、
心からの感謝を込めて報告させていただきます。
本当にありがとう。


今日はこれから、ゆうらくちょうのとうきょうふぉーらむに行ってきます。
信仰の友、S村氏とデートです。
彼ほどディズニーをこよなく愛する音楽の先生は、
山梨広しといえど他におらんでしょう。あ、今は埼玉だけど。
楽しんできます。




※あ、例によって挿入画像に深い意味はございません。あしからず。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-11-15 13:30 | 日常

もうエリーゼは聞きたくない。

先日、いつもより少し早起きして、海まで歩いてみた。

早起きと言っても家を出たのは7時を回るところで
日は随分高くなっていたのだけれど、
それでもまだ照り返す光が帯状になって
海面を直視できないほどに輝かせていたし、
伊豆半島の山の端が空に融け込む様子は
北斎の富岳三十六景を彷彿とさせる美しさでした。

いいとこ住んでるなぁ。

e0048121_1653352.jpg


最近は、
本を読んだり
キャベツを切ったり
片手で腕立てふせしたり
万有引力について考えたりしながら
生きています。


万有引力。
質量をもつ全ての物体は、引力を有している。

つまり

きみとぼくはひかれあっている。

物理的な意味で。

そんなことを考えていると、
あっという間に一日が過ぎます。

恐ぇ。



さて、来週検査があります。

恐ぇ。


「俗悪で愚にもつかぬ空想話を避けなさい。
むしろ、敬虔のために自分を鍛練しなさい。」
第一テモテ4:7(新改訳聖書)

この敬虔、新共同訳聖書だと信心という言葉が使われているらしい。
信じる心を鍛錬するというのは、
信仰が無くてはやっていけない道を通る、
ということなのでせう。

今僕は、そこを通らされているような気がします。

信じよう。

e0048121_1662114.jpg




※だれでもトイレ。
[PR]
# by hiroro_special20 | 2008-10-24 16:12 | 日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite