Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

じゅんコン

「モーセとアロンは主が命じられたとおりに行なった。彼はパロとその家臣の目の前で杖を上げ、ナイルの水を打った。すると、ナイルの水はことごとく血に変わった。
ナイルの魚は死に、ナイルは臭くなり、エジプト人はナイルの水を飲むことができなくなった。エジプト全土にわたって血があった。

しかしエジプトの呪法師たちも彼らの秘術を使って同じことをした。」
出エジプト7:20〜22


いやいやダメだろ同じことしちゃーーー
と、ここ3年思い続けているひろろです。



先日、友人の出演するコンサートに行ってきました。
とても、楽しい時間でした。

何というか、専門的なことは分からないけれど、
演奏にその人の人間性が表れるというのは、きっとそうなのだろうと感じた。
そして人間性と言えば、その友人はとても豊かだなあと、最近よく思わされます。

ひどく繊細だったり単純だったり
聡明だったり阿呆だったり
浮いたり沈んだり
とんだりはねたり

七転八倒、疾風怒濤
きっと本人は色々なものを抱えているのだろうけど、
それを心から心配しつつもどたばた劇を見ては
結構楽しんでいる自分の嗜虐性を自覚してみたり。
そこに愛は・・・ない、ですよね、やっぱ。


いやとにかく、彼女のより一層のご活躍を心からお祈りする所存であります。





※最近マックでプレミアムローストコーヒーと言おうとすると必ず噛みます。
[PR]
by hiroro_special20 | 2008-02-29 01:20 | 日常

どんBAY

大学の専攻、サークル、KGK、
至る所で暖かく送り出してもらいながら、
少しずつ、卒業するんだという実感が涌いてきた。
長かった学生生活にも、
ついに終止符が打たれようとしております。
(単位が出れば)
e0048121_193429.jpg


先日、KGKのBAYブロックで我々卒業生プロデュースの継承合宿を行った。
追い出される僕らが、学生生活を通して受けたものを後輩達に伝える、
いわば与える側として準備した合宿なのだけど、
沢山のものを与えられ、またすでに与えられていることに気づかされた時となった。

与えるようで与えられていて
受けるばかりで何もできなかったと思う時に、実は与ることができていて。
神様の業ってとても不思議。



この4年間、決して楽しいことばかりではなかった。
というか、いつも心の中は雨模様だった。けれど、

「あなたがたは、苦しみなさい。悲しみなさい。泣きなさい。
あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい。」ヤコブ4:9


という御言葉が、決して

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
第一テサロニケ5:16〜18


と矛盾しないことを、
神様を知らなくても喜べる薄っぺらい喜びではなく、
苦しみや貧しさの中にあっても感謝だと言える深い喜びを、
ほんの一部分ながら、知ることができた4年間だったように思う。
e0048121_1311817.jpg


集会中、4年間の学生生活を共にした学友でもあるNから、贈る言葉を貰った。
留学をした彼は、もう1年、大学に残る。
当たり前のように毎日同じ時間を過ごした彼とも、
もう大学で会うことはなくなるだろう。

僕もNも、溢れる涙を抑えることができなかった。
4年間を通して育てられた彼との友情を、心から感謝した。
本当に、良い時間だった。



そんな彼とは、来月から同じ家に住みます・・・・・。
e0048121_1423988.jpg

その事実に若干周囲の雰囲気が壊れつつも、
やはり喜びに溢れた合宿だったのでした。

ハレルヤ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2008-02-25 01:53 | 非日常

Gメン

先々週だったか、増加する高齢者の万引きについて
ある番組で取り上げられていた。
許されないこととは言え、
おばあさんがスーパーの控え室で若い(少なくともおばあさんよりはずっと)
店長に取り調べられている光景は、見るに忍びなかった。


見る人が見れば明らかに慣れた手口だと分かるにも関わらず、
「今回が初めて」
と言い張るおばあさん。

店長が名前を聞いて調べてみると、過去にも何度か他の店員に注意されたり、
取り調べを受けていたことが発覚。
その度に反省しているからと警察沙汰にはしないでもらっていたのだった。
これには店長も激怒し、今度ばかりはこのおばあさんは通報されるに至った。

その時、店長の放った言葉が

「あんたは、ゆるしてくれた人の気持ちを裏切ったんだ!」



ゆるしてくれた人の気持ち。

僕は一体何度裏切ってきたのだろう。
そしてこれから何度裏切るのだろう。

人はその犯すどんな罪も赦してもらえる。
それは確かな救いのメッセージだけれど、そのたびに
「見なさい。あなたはよくなった。もう罪を犯してはなりません。」
と言われているのだろう。

罪を犯す度に、「もう罪を犯してはなりません」と言われた方の気持ちを
裏切ってしまっていることを、開き直らずに覚えたい。

と、夕食の焼き肉を食べながら思った次第です。

e0048121_16444694.jpg


先週卒研と、その発表会が、無事、終わりました!!
最後まで論文と製作物に追われ、〆切時間ぎりぎりに提出。
昨日最後のレポートも出し終え、これで

フリーダム!!!!

です。Yahoo!!!!!!


順調にいけば来月引っ越します。
23年間過ごしたオダワラから、
5年間通い続けたヨコハマに移住します。
と言うわけで、近場の皆さん、ぜひ遊びましょう。




※しかし一人だけでもやりたいことがたくさん!!
[PR]
by hiroro_special20 | 2008-02-14 16:56 | 日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite