Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夢の国、そしてほうとう。

合計すると8月は半分くらい奥多摩に滞在していた僕ですが、
明日からは夢に国へ行ってまいります。
6月はシーに行ったけれど、今度はランドへ。

春から温めてきた企画のなので、
本当に今からどきどきわくわくです。

参加者は中学生、女子高生、大学生、専門学校生、社会人から成る9名。
へんてこりんな面子ですが、みんな気の置けない奥多摩の愉快な仲間たち。
この人たちとなら、きっと長い待ち時間もへっちゃらさ。

ランドに行った後は、そのまま甲府へ直行。
こっちはこっちで中学の時から行きたかった場所なので、
楽しみで仕方がない。
懐具合に不安はあるものの、まあ何とかなるだろう。
ほうとう食ってきます。


明日は五時起床。
寝坊したら洒落にならんのです。
自分で集合は舞浜に8時半と提案したので。


もう寝よう。
おやすみなさい。





※夢の国と言っても、数年前経営悪化のため閉園した横浜のあそこではないです。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-30 22:47 | 日常

ユースさんびセミナー

うーん、何から書けばよいのやら。
さんびセミナー、すごく良かったです。
(ボキャブラリーの貧困さがバレるな)
e0048121_23504481.jpg

ストレッチや発声、賛美リードの仕方など実践的な学びもできたし、
みことばもじっくり噛み締めるように味わう事ができた。
そして自分の具体的な課題も示された。
台湾人と日本人との間にインド人が生まれることも分かった。

夢のような、素晴らしい時間だった。

僕はいつだってたくさんの恵みを傲慢な態度で受けていて、
時には恵みを恵みとして感じられず、
神様の胸ぐらを掴んでとって掛かりたいような気持ちになることもあるけれど
そんな僕を諦めないでいてくれる。
この神様がお父さんであるなんて、なんという喜びだろう。

たとえ血の繋がった父からは叱られた事がなくても、
励まされた事がなくても、
抱かれた事がなくても、
天のお父さんが完全な愛をもってそうしてくれる。
嬉しいな。
e0048121_01681.jpg

セミナーの参加者は12人だった。
初めは少ないように感じられたけど、これはベストな人数だったんだとしみじみ思う。
この人数で、この面子だったから良かったんだ。
きっと選ばれた12人だったのだと思う(十二使徒みたいに)。
だから、セミナーは素晴らしかったけど軽はずみに人に
「来ればよかったのに・・・」なんて言えないんだよなぁ。面白い。


e0048121_0334833.jpgそう、参加者12人のうち11人は女性だった。つまり僕以外全員。それはセミナー当日に部屋割りを見て知った驚愕の事実だった。初めは、やっていけるかという不安もほんの少しあったような気がしなくもないけど、杞憂だったな。
ユニークな人たちばかりで、心から楽しませてもらった。

男性参加者がいない分、コパンのえいさんを初めとした準備者のオトナな男性陣といろいろお話しする事ができたしね。


そしてなんと、男性参加者は僕一人のため、準備者と一緒に僕は知る人ぞ知る奥多摩福音の家新館3階に宿泊させていただいた。
e0048121_0324429.jpg

2人部屋。バス、トイレ付き。アメニティも充実。
まさにホテル。キャンプ場とは思えない。
良い気分でした。


e0048121_041215.jpg
夏の終わりにこんなに大きな恵みを用意してくれた神様に、ただただ感謝です。

まだまだ書き尽くせなかった事がたくさんあるのだけど、僕の語彙力で文字にするとなんだか軽くなるので、本人に会ったときにでも聞いてみてください。





お知らせ。
知る人ぞ知る僕の通う教会の牧師「のりのり」。
このたび彼のニックネームが変わりました。
その名も「いのりのり」。次に会ったらそう呼んであげてください。
発音は「やまとのり」のそれではなく、「祈りの日」の発音でよろしくお願いします。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-28 23:47 | 非日常

帰らなきゃ!!

帰ってきました。奥多摩から。
e0048121_23134172.jpg

小学生キャンプ、予想通りというか、
体力的にも精神的にも、だいぶ磨耗されて帰宅しました。
もちろん、それを埋めても有り余る恵みを頂いたけれどね。

e0048121_23321050.jpg

きっと小学生の言語力ではとても表現しきれないであろう痛みを持ったキャンパーが2人、僕の受け持ったキャビンに与えられた。そして僕は多分、彼らの痛みを一番分かってあげられないカウンセラーだったんじゃないかと思う。

すぐ近くにいるはずの人がある日突然横暴な仕方でいなくなる悲しみって、どれほどのものだろう。自分にとってのその人がいなくなる事を想像してみれば、少しは理解してあげられるのかな。

でも、いないのが当たり前の環境で育った僕が、どうしてそれを理解してあげられるだろう?
もしかしたら僕には決定的な「欠け」があるのかもしれない。

結局、天の父にすがるしかないんだ。
もちろんそれは諦めではなく、希望を持って言える事だけど。

e0048121_09373.jpg

奉仕者の中にはうまく奉仕できなかった事を嘆く人がいたし、
僕自身子ども達に語るべき事をふさわしい態度で語れたか全く分からない。
人間的で打算的な思いに縛られて、誠実を尽くせなかったようにも思う。
けれど、誰かが言っていたように「結果は神様に任せればいい」んだ。
ただ、砕かれた魂と、砕かれた悔いた心をもって、御前にささげたい。

e0048121_01824.jpg


そして今週木曜からは再び奥多摩へ。
「ユース賛美セミナー」に参加してきます。
思い切り羽を伸ばしてきます。
そして、このブログを見ているアナタ!!
ぜひ参加してみてください。今ならまだ申し込みに間に合います。
とても素晴らしい学びになると思います。
そこで受ける恵みとおいしい食事と小奇麗な宿泊施設を鑑みるに、
14000円の参加費なんて安いもんです。
僕にも会えるし。(この宣伝が吉と出る事を切に願う)
詳細は奥多摩福音の家HPで。


そういう訳で、導かれれば奥多摩で会いましょう。





※そしてキャンプ帰りは立川でラーメンが恒例となりつつあります。たぶん。
e0048121_034167.jpg

[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-21 00:42 | 非日常

バトン旅。
tasshiから貰いました。一ヶ月ほど待たせたけど、
出発してみますか!

1.旅行は好きですか?       
 
  好きです。この世では常に旅人であり寄留者です。

2.絶対旅に欠かせないものリスト  
  
  文庫本、カメラ、ブルースハープ、音楽。
  
3.海外で今まで行ったとこ

  上海、蘇州、南京。・・・つまり中国だけ。

4.一人旅好き?

  好きだねー。あんまりできないけど。

5.国内旅行と海外旅行どっちが好き??

  国外と海外で比べるのがナンセンスな気がする。
  場所によるし。
  まあ国内の方が安心感があっていいけど、
  スナフキンのように孤独を求めるなら海外かな。

6.いつか行ってみたい所ベスト3

  屋久島。喜望峰。アトス半島。 
  
  ベスト3かは微妙だなぁ。でも全部すごく行きたいとこです。
  ちなみにアトス半島は男性しか入れません。確か。

7.行きたいけど行けなさそうな所

  月。
 
8.お勧め国内

  小田原。もちろん。

9.お勧め海外

  だから中国しか行ったことないんスけど・・・。

  蘇州の周荘っていう水郷の村は素敵だった。
  情緒豊かで日本人好みだと思う。
  でも町がエルヘブンみたいに入り組んでて、
  道に迷って入り口を探して走り回った記憶がある。
  村人に「マラソン!マラソン!」とか言われて笑われたっけ。

10.ずばり恋人と行くなら?
  
  書店巡りとか?恋人ならそこらへんで十分。

  結婚したら夫婦で行きたいのは、上海の外灘(バンド)・・・かなぁ。
  以前一人で少し歩いたけど、そこらじゅうカップルばかりで微妙な心境だった。
  信号待ち中、いちゃついてるカップルを見て僕が
  「上海ってバカップル多いなぁ」ってつぶやいたら睨まれた。
  日本人だった。
  
11.最近行った所

  奥多摩。

12.近々行く予定

  奥多摩。


  という訳で明日から小学生キャンプ奉仕に行ってきます。
  お祈りください。

13.次にバトン旅に出てもらう方

  じゃあ最近ブログを始めたIzuMickeyへ。
  実際もうすぐ旅立つしね。

  あとKIRK。
  今はリアルの旅真っ最中だと思うけど。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-14 23:59 | 趣味

犬助計画

我が家に犬が来た。
e0048121_23124667.jpg

一家全員の反対を押し切って、
弟が何処からか購入してきた。
トイプードルとかいう犬種の子犬。
高価そうな名前だが弟が自腹で買ったようなので、
それほど高くは無かったのだろう。

そいつはかなり横柄な態度で接する僕にも
尻尾を振って懐いて来る可愛い奴なのだが、
(出会っていきなりでお腹見せて服従してきた)
名前がまだ無い。
弟は昨晩からノワールとか呼んでいるが、
いくらフランス産で毛が黒いからって、
ちょっと気取りすぎてて我が家の柄じゃない。

だから僕は犬助(犬介でもいいけど)と勝手に名付け、
弟の文句も気にせずそう呼ぶことにした。
何度も呼んでいると、
犬助!という僕の呼び声に反応するようになってきた。
彼(オスね)が自分が犬助だと自覚する日は、
きっとそう遠くはないだろう。




※犬も黒いが弟も黒い。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-13 23:11 | 日常

OFI高校生夏キャンプ

ご無沙汰してました。
今さっき前期最後のレポート、というか学習指導案を書き上げ、
晴れて夏休み入りした(いやっほう!)ひろきです。

先週末、高校生キャンプ奉仕から恵みに溢れて帰って参りましたので、
遅ればせながら報告。
e0048121_135593.jpg

今回のキャンパーは約20人。スタッフ合わせても精々30人程度。
予想していた通り、アットホームで心休まるキャンプだった。
肉体的にはかーなり酷使されたけど(これは行った人にしか分からないだろうな)。

高校生たちと交わりを持つ中で感じたのは、
歳が近いことによる親しみやすさと、
自分はもう高校生じゃないんだなという認識(今更!?)だった。

僕は自分自身が高校時代と何が変わったのかよくわからなかったし、
たいして成長した気もしなかったけど(肉体的な成長はストップしてるしね)、
確実に、着実に、いろんなものを得ながら、そして失いながら、
こんな僕も成長させてもらっているんだと感じた。
一歩一歩、少しずつ、ゆっくりと。

「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め。」

とはいえ、高校生たちと僕の年齢差は3~6歳程度。
今は少なくない差のように感じるかもしれないけど、
10年も経てばきっと同じ社会人。
年齢を重ねれば重ねるほど、
そのくらいの年齢差はあってないようなものになってくるのだろうな。
その時には、
キャンパーとカウンセラーなんて関係じゃなく、
肩を並べて語り合えるんだろうな。
信友として。

そんなことをふと思ったり。
まあもうすでに肩を並べて語り合ってる気がしなくもないけど。

e0048121_218325.jpg

なんと今回、男性キャンパー&カウンセラーは総勢8名!!
女性の半分以下。高校の文系クラスみたいな男女比だった。
けれどその分我々は一致団結し、数々のレジェンドを創り上げたのであります。
僕の貧弱な語彙じゃ語り尽くせないので是非本人たちにあって聞いて欲しい。

ところでなぜか僕のカメラではキャビンの集合写真撮っていなくて・・・
もっている方は(かなり限定されるけど)こっそりメールで送っていただけたら、
僕はとても嬉しいです。


e0048121_213896.jpg
ある夜に、本館階段にて
賛美の歌声が響いた。
素敵な時間だったけど・・・

あきらかに進路妨害だろこれ(笑)


来週は奥多摩小学生キャンプで奉仕。
再来週は奥多摩ユース賛美セミナーに参加。
今年の夏は奥多摩ばっかりだな。
KGKのキャンプにはこの夏は直接関わらないけど、
友人たちが多く参加するので秋によい分かち合いができる事を期待しよう。


最後に祈祷課題。
奥多摩から帰ると、弟がバイクで事故っていました。
直進中、突然右折してきた乗用車との衝突。
幸い本人の怪我はたいした事なかったのだけれど、
後ろに乗っていた骨折と10針縫う大怪我を負った弟の友人のため、
そして事後処理に追われる(もう一段落したようだけど)母のためにお祈りください。
警察や病院、保険会社、相手のドライバーや怪我させた友人の親御さんなどとの対応で、とても大変そうだった。
お祈りください。





※弟は本当に大丈夫です。先日近所の花火大会行ってたし。
でもそれでいいのか・・・。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-10 02:20 | 非日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite