Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

背中で泣いてる男の美学

こんな夢を見た。

夜中に目を覚ますと(夢の中で、という事だけど)、枕もとに着物を来たおかっぱの女の子が立っている。40センチくらいの日本人形だ。子どもの人形にしては胴回りがほっそりとしていて、どちらかというと大人をそのままミニチュアにしたような感じだったけれど、髪型やふっくらとした顔立ちから、子どもだと分かった。それは何をするでもなく、表情のない顔をしてじっと僕を見下ろしている。

目を覚ますと(今度こそ本当に)、枕もとに人形はいなかった。あるのは東急ハンズで買った210円の黄色い目覚まし時計だけだ。けれど夢と現実の境界が曖昧で、まだ頭のあたりに何かいるような気配を感じて、少しぞっとした。再び眠りにつくのに時間がかかった。


まあたいした夢じゃないのだけど、それで幼い頃によく泊めてもらった祖父母の家の八畳間を思い出した。そこにもやはり日本人形があり、ガラスケースに入ったそれは、子どもではなく紫の着物を着た舞妓さんだった。

僕は、その人形が嫌いだった。今にも動き出しそうな気がしたからだ。実際、その部屋で寝た時にはその人形が動く夢を何度か見た。

先日見た夢と同じように、夢でも僕は眠りについた時と同じ部屋の同じ布団の中にいて、隣には母がいて、その奥には弟もいる。僕は三列に並んだ布団の一番端、人形のすぐ隣に寝ていた。そこで人形はくるくると踊っていた。僕を驚かそうとかする意図はないらしく、ただひたすらに踊っていた。僕の事なんか意にも介していないようだった。それでも僕はそこを離れたくて母の布団に入ろうとするが、その間には黒い、蟻のような虫の行列がここを渡るなと言わんばかりに群を為してうじゃうじゃと移動している。結局僕は動けない。外からは何故か低い呻き声が聞こえる。



たぶんそれは悪夢の部類に入る代物だったと思う。
でも、小学校にあがる前だったかな、当時の僕は結構鈍くて、
それほど強い恐怖は感じなかった。
そりゃ怖かったけどね。


つまり僕が言いたいのは、
ちょっとした事で昔の記憶って蘇るもんだ、って事さ。




※ただの昔話さ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-04-29 15:40 | 日常

週末とバトン

4月ももう下旬。2006年も3分の1が終える。
ようやく新しい生活(というほどかわり映えしないけど)も軌道に乗ってきた。
先週は今年度初の学内の聖研、祈祷会を行い(新入生来た!感謝!)、
金曜にはKGKのブロック祈祷会に参加し、そのあと個人的にMO新主事の家にお泊り。
そして土曜は朝から教団のキャンプの準備委員会のミーティング。
忙しくも充実した週末だった。

さてさて、久しぶりにばとんといふものをしてみむとてするなり。
かなりため込んでます。くれた人ごめん。
古い順にやりたいけど、最近もらった2本をやります。
おちょんとhatokoから。同じやつだったので。


1、回す人5人を最初に書いておく。
ごめん、面倒なのでアンカーで。

2、お名前は?
ひろろ(HN)

3、おいくつですか?
花も恥らう21歳。あと三ヶ月で22。若い!

4、ご職業は?
学生です。大学3年生。

5、ご趣味は?
読書、ギター、ブルースハープ、筋トレ、柔軟体操、手話。

6、好きな男性のタイプは?
だ、男性っすか・・・。
・腰をすえて話せる人。
・同性に好かれる人(変な意味じゃなく)。
・ごめんなさいが言える人。

ぱっと思いつくのはそんな感じ。女性のタイプも似たようなもんかな。

7、特技は?
人よりほんのちょっと高く、遠くに跳べる事。

8、何か資格持ってますか?
普通自動車免許。(MT)

9、悩みが何かありますか?
誰だってあるでしょ?そこそこ真面目に生きていれば。

10、お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
好き:すあま、落雁、サニーレタス、ドクターペッパー
嫌い:一昨年上海で食べた黄緑色の瓜っぽい野菜の煮物。

11、貴方が愛する人へ一言
自分勝手な愛し方しか出来なくてゴメンな。

12、回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。
アンカーなのでバトンくれた二人で。

hatoko:中学時代から知る陸上仲間であり、信仰の友。第二の故郷が同じ。顔が広い。
おちょん:実は女子高生。なんだかんだで高校時代の僕よりずっとしっかりしているし、いろんな事を良く考えてると思う。小4の時の僕の担任と同姓同名。




※調度6年前の今日、受洗しました(本文関係ねぇ)。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-04-23 23:19

そんなに急いで何処へ行く?

今日はイースター礼拝、祝会のあと、一人自宅まで30分強の道のりを歩いた。
いつもは原付を使うのだが、朝方雨が降っていたため断念。
バスでも帰れたけど、時間もあるのでのんびり歩くことにした。
バックパッカーギターと、余ったタマゴとみかんでいっぱいのトートバックを持って。


見慣れた道だけど、歩いて通るのはずいぶん久しぶりだったような気がする。

海辺に建った素敵な家
新しい喫茶店
漬物工場のすっぱい匂い

全然気づかなかった。
いつも通ってる道なのに。

小学生の頃は友人と2人で歩いて教会に通っていた。
それがいつのまにか自転車になり、今は自動車や原付になっている。
確かに移動時間は少なくて済むようになった。

でも速度が増した分、見えなくなったものも増えた。


最近忙しい日々の雑事に追われて、いつも焦っている気がする。
僕がよく物を忘れるのはそのせいかもしれない。

速度が上がるほど、視野は狭くなる(教習所で習ったね?)。
速さばかりを求めて、大事な物を見失ってないか?
置き忘れてきた物はないか?

世の中はいつも速さを要求するけど、
必要以上にそれに合わせる事はない。


少しくらいペースダウンしたっていいじゃないか。
ゆっくりやろうぜ。




※速さもあるけど、自動車や原付はラクだから使っちゃうんだよなあ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-04-16 23:22 | 随想

プーさん

僕と僕の弟はあまり似ていない。
知っている人は知っているだろうが。

いや、
良く見ると顔つきや声(電話だとたまに間違われる)などは似ている部分もあるのだが、
髪型や髪の色、肌の色、ピアスやらの関係できっと全く似ていないように見えるのだろう。
実際、性格や趣味、食べ物の好みや女の子の好みは全然違うなと兄ながら思う。
そして僕は運転が下手だが弟は運転がかなり上手い。

僕は進学校から大学に入り今先生になるための勉強をしている。
弟は工業高校から専門学校に入り今美容師になるための勉強をしている。

うん、ベクトルの向きが全然違う。面白い。
まあ体育はそこそこ出来るという共通点はあるかな。


僕の弟の事を知っている人の中には、
僕は優男で、弟はヤンキーみたいなイメージを持っている人も多い。
まあ間違いではないと思う。鼻ピアスだし(笑)


でも、そんな弟にも可愛いトコがある。


僕の部屋が机も本棚も様々なジャンルの本で埋め尽くされているのに対し、
彼の部屋には本どころか机さえない。
必要ないからだ。
そして彼の部屋の備え付けの本棚はこんなことになっている。
タバコ臭い部屋に忍び込んで写真撮ってやったぜ。



e0048121_1282474.jpg



・・・プーさん多いよ。


実は他にもうちにはプーさんグッズが満載。
僕が使うタオルもいつのまにかプーさん柄になってたり。
全部弟の趣味。
プーさん好きがうちにきたら結構楽しめるんじゃないかと思う。


喧嘩は絶えないけど、似てない兄弟って結構楽しいわ。





※書物のない部屋は魂のない肉体に等しい。Byキケロ
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-04-09 23:59

帰ったべよ。

土曜の夜、無事奥多摩から帰還。
OFI小学生キャンプ、OBC中高生キャンプ、OFI聖書通読セミナーで計6泊。
終えてみればあっという間だ。疾風怒濤の7日間。
キャンプ前に励ましのメールや電話をくれた人、どうもありがとう。

いろいろ思うところはあった。
けど、ここには感謝な事だけ書きたい。
e0048121_12193136.jpg

僕にとって奥多摩でのキャンプ奉仕はこれで7回目。
そして今回は初めての小学生キャンプから中高生キャンプへ場所を移動しての連続奉仕。
奉仕する中で中学生達に心配されてしまうほど疲れきっていた時もあったけど、
霊肉共に最後まで支えられ、キャンパーたちとの交わりも心から楽しむ事ができた。

僕はいつだって
励ますようで励まされ、
慰めるようで慰められ、
与えるようで実は、
たくさんのものを与えられている。
そう実感できた7日間だった。


今回で6回目になる聖書通読セミナーでも学ばされる事たくさん。

自分がいかに神の前にいい加減で、不勤勉で、不誠実であるか、思い知らされた。
講師ののりのりのメッセージから。
信仰の友の姿から。

2年間続けてきた聖書通読。許される限りこれからも続けていきたい。
もしかしたら読めなくなる時が来るかもしれない。
でもそれでいい。
そこに意味があり愛がある。

プラス思考なんてもんじゃない。
苦しむ時には苦しめばいい。
砕かれ涙すればいい。
苦しみのどん底で神に出会えるなら、
それでいい。

もうやめられない聖書通読(キャッチコピー)。


さて、そういう訳で例によって写真集。

e0048121_1221913.jpg
小キャンでは電車に乗ってグループ別ハイキングに出かけた。
この写真を撮った直後、地図を電車の車窓から落とすというハプニングに見舞われる。

e0048121_1283932.jpg
講師のJOさんとキャンパー達と一緒に。
JOさんとは一緒にセッション出来て光栄でした。
僕はテキトーにハーモニカをプカプカ吹いてただけだけど。

e0048121_1217772.jpg
通読セミナー最後の昼食では、なんと鍋が出た。
奥多摩福音の家で鍋。
これってすごい事なんだぜ。


e0048121_12303717.jpgセミナー後、僕らキャンプカウンセラー3人は居残りで作業があり、結局キャンプ場を出たのは4時半頃。
作業を待っていてくれたお友達3人も一緒だった。

左は唯一7日間一緒だったのんちゃん。
疲れた時、同じ境遇の人がいるだけで随分励まされたよ。ありがとう。


帰りに立川で途中下車してラーメンを食った。
やはりみんなで食う飯は美味い。

e0048121_12404790.jpg
そう、セミナーでは妹が一緒でした。
打ち合わせ無しでこの表情の酷似はすごいと思う。


e0048121_15174968.jpg


奥多摩から帰ると、世間はすっかり春でした。




※ちょっとした浦島太郎気分。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-04-04 10:10 | 非日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite