Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

A-1グランプリ

さて、遅ればせながら前回話した中高生Winter Campの目玉、A-1グランプリの報告。
hatoko氏から頂いた写真を交えながら。使うのは2枚だけだけど。

僕らのキャビンに与えられたテーマは、マルコ10:17~27の「裕福な人」。
財産を売り払って貧しい人たちに与えなさい、
金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい、
じゃあ誰が救われるのか、
それは人にはできないが、神にはなんでもできる、
というお話。
この話を、僕らはドラえもん風にアレンジ。

ドラマは真面目な金持ちクリスチャンのはび太が、
乱暴者ケンゴイヤンと街中で遭遇する場面から始まる。
そしてここでなぜかコントも始まる。
e0048121_042134.jpg

・・・この配置を見れば分かる人には何のパクリか分かってしまうかな。
でも細かいネタはオリジナル。
中学生頑張りました。
e0048121_11270.jpg

コントが終わるとどこからかホームレスの人たちがやってくる。
ケンゴイヤンははび太に
クリスチャンなら有り金はたいてこの人たちを助けてみろ、
とけしかける。
だがはび太はそれができない。
たくさんある財産を惜しんで使う事ができない。
クリスチャンと言っても所詮そんなもんか、
ケンゴイヤンがはび太を責める。

そこでみんなの友達、マサえもんの出番。
はび太はマサえもんの道具
つければ誰でも義人になれる「義人メガネ」の力で、
財産をはたいてみことばを実行できた。

結局、はび太は自分の力ではみことばを実行できなかった。
けれど、マサえもんの力で、財産をはたいて貧しい人に与える事ができた。
みことばを実行できた。
それははび太にはできないことだけど、マサえもんはそうではない。
どんなことでも、マサえもんにはできる。



これって、僕たちと神様の関係そっくりじゃないか。



イエスは彼らをじっと見て言われた。
「それは人にはできないことですが、神は、そうではありません。
どんなことでも、神にはできるのです。」 マルコ10:27






※綺麗にまとまった・・・のかな。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-31 23:59 | 非日常

中高生Winter Camp

時が経つのは早いもので、もう今年の冬キャンプも終えてしまった。
今回も奉仕者という立場ながら、キャンパーに勝るとも劣らぬ恵みをもらった。

e0048121_23385110.jpg


今年の冬キャンプのテーマは「ACT」。
「Act Christ's Teaching」の頭文字をとって「ACT」。
みことばを聞き、それを喜んでACT(実行)する者になるという願いがこめられている。
奇しくもKGKの今年度のテーマは「チャレンジ」。
自分自身、今年一年立てられた志を実行してきたか問われた。

僕がカウンセラーとして受け持ったのは中学2年生5人。
そのうち2人は去年の冬も僕が受け持った子たちで、久しぶりにゆっくりと話すことができた。
この一年、僕にとっては本当に一年経ったのか疑わしいくらいあっという間で、
去年の冬キャンプと言えど昨日のことのように覚えているから、
中学生たちがどれだけ成長したかも良く分かった。

身体は大きくなり、声は低くなった。
以前はできなかったことができるようになった。
そして成長に伴い新しい課題も生まれた。
年齢は離れているけれどたくさんの事を分かち合い、
彼等と共に祈れたことが嬉しかった。

さて、このキャンプの目玉はなんと言っても「A-1グランプリ」という寸劇大会。
キャビンを基本とした10グループがそれぞれ指定された聖書箇所をテーマに、
スキットを作成して発表すると言うもの。
そう、演じるという意味の「ACT」と掛けている訳です。
スキットを作るためにそれぞれのグループが聖書のことばを吟味し、
現代の自分たちの生活に当てはめて考えた。
どの作品もよくできていたな。笑った笑った。
僕らの作品の写真はhatoko氏から送られて来次第解説付けて載せようと思う。
興味ある人は期待して待ってて。

そしてこれが僕らのキャビン。
e0048121_0382569.jpg

実はこの部屋には僕以外にもう一人カウンセラーがいて、
彼にはものすごく助けられた。
彼は僕が高校一年の時以来の信仰の友。
こう言うと少し語弊があるかもしれないけど、彼のおかげで僕はとてもラクだった。
自分でがんばろうとするんじゃない。
がんばる事も大切だと思うけれど、
がんばる事に頼る必要はない。
神様にやれと言われた事を委ねて実行した時、
自分がやったとは思えない結果を与えてくれる、それが僕らの信じる神様。
神様が全て責任を取ってくれる。
それを身を持って彼が教えてくれた。
天然パーマがステキな彼は、こんな人です。





e0048121_072037.jpg


ありがとうね、もじゃもじゃ先生。





※聖書通読セミナーの報告はまた今度。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-30 23:59 | 非日常

帰還

奥多摩から帰ってきました。
準備日含め中高生Winterキャンプで3泊、
聖書通読セミナーで1泊。
終えてしまえば4泊もあっという間だ。

受け持ったキャビンの中学生からさっそくメールが来ていた。
その言葉を読んだ瞬間涙が出た。
嬉しくて。
良いキャンプだった。

聖書通読セミナーでもたくさんの恵みをもらった。

でも今日は眠いからもう寝よう。
詳しい報告はまた今度書こう。
この五日間、本当にいろいろなことがあった。
上手くまとめられるかな。
でもなんとかやってもよう。
記憶が新しいうちに形に残そう。
忘れたくないことがたくさんあるからね。

ああ眠い。
おやすみなさい。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-29 23:49 | 日常

メリークリスマス!って。

「クリスマスおめでとう!」って、みんな言うけれど
何がおめでたいのだろうね。

「イブはどこでデートすんの?」
「イブはバイトする日でしょ?稼ぎ時じゃん(ちょっと卑屈気味に)」

いやいやいや。
どっちも違うから。
デートする日でもバイトする日でもないから。

猫も杓子も主役のいない誕生日を祝ってる。
歳末の企業間競争に巻き込まれ、
今日あたりはきっと、
エイズの感染者が一気に増えることだろう。

本当のクリスマスを、心から祝いたい。


e0048121_1619884.jpg



※日曜の夕方から奥多摩に行きます。
中高生キャンプ奉仕と聖書通読セミナー、合わせて4泊。
行ってきます。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-24 23:59 | 随想

よいほうをえらぶ

こころに平安がない

あれをしなきゃ

これをしなきゃ

あれがない

これがない

どたどた

ばたばた

近道をしようとして

遠まわりしてる

でも

どうしても必要なことはわずかだ

いや

ひとつだけだ

ほんとうにたいせつなものをにぎって

はなさないでいたい




私は、きょう、あなたがたに対して天と地とを、証人に立てる。
私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。
あなたはいのちを選びなさい。 申命記30:19

[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-24 00:14 | 随想

横浜のチベット

今日は介護の実習に必要な細菌検査を受けるべく、
相鉄線というローカル線のとある駅に下車して区役所へ行って参りました。

区役所の受付で、横浜市民以外は検査できないという衝撃の事実が発覚。
とんだハプニングに見舞われました。
もう少しで無駄足になるところでしたが、しかしなんとか乗り切りました。
方法はかなりillegalな感じなのでここでは言えません。
とにかく僕も必死で説得し、受付のおばちゃんは黙認してくれました。
いぇい。

午前10時頃に用事を済ませたあとは一日暇になってしまったので、
駅周辺を散策しました。
「周辺」というと聞く人によって齟齬が生じそうなのでもう少し正確に。
たぶん、駅から5、6キロは離れたところまで歩いたんじゃないでしょうか。
楽しかったのでかなり遠くまで行った気がします。

そう、ただ散歩していただけですが、かなり楽しかった。
知らない景色を見て歩くのはすごく気分転換になる。
都会の喧騒の中ならいざ知らず、
横浜とは名ばかり畑だらけののどかな町だったので、とても癒されました。
無人の八百屋とか久しぶりに見た。
ああいう場所を歩くと故郷を思い出します。
毎日帰ってるけど。

途中11時閉店のローカルなコンビニでドリンクを買ったり、
(びっくりしたけど良く考えたら地元のコンビニも11時閉店だわ)
意味もなく生協をうろうろしたり。

調度知り合いの家の近くらしかったので、
携帯に電話してみるも僕の新しい番号を伝えていないことに気づく。
僕の方も相手の電話番号がうろ覚えなので(登録してなかった)、
自信がなくて少しコールしてやめた←タチ悪い
心当たりのあるアナタ、それ僕の番号なので登録ヨロシク。
このブログ見てないかな。
e0048121_1895323.jpg

駅に戻ったのは散策を開始してから2時間30分後。
久しぶりに一人でこんなに歩きました。
いい汗かいた。





※「です・ます調」途中で面倒くさくなった。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-20 18:17 | 日常

怒濤の金曜日

もう二日経ってしまったわけですが。
とにかく16日の金曜は今年度最後の山場だった。

午前中は音楽の授業の発表。
模擬授業(と呼んで良いのか微妙な代物だけど)。
一緒に授業をやる面子との最初で最後の合同打ち合わせは、
発表当日の授業中。ホントぎりぎり。
出来はなんとも言えないけど、ウケたのでよしとしよう。

午後は市内の小学校で工作教室。
これは先月もやったのだけど、
今回はプロの先生方の手伝いじゃなくて僕等が授業をした。
僕等というのは同じ専攻の七人。
内容は高学年を対象とした凧づくり。
今日のイベントの中じゃ一番の不安要素だったのだけど、
まずまずの出来だったと思う。
終える頃には心身ともにかなり疲弊してたけど、
出来上がった凧を揚げて無邪気に遊ぶ子ども達を見ていたら疲れも吹っ飛んだ。

そして夜はKGKのクリスマス伝道集会。
僕の役目は司会兼ギター奏楽。
来てくれた人は分かると思うけど、
かーなり、いっぱいいっぱいでした。
しょっぱなに大きなミスをやらかしてしまったり。
結果的にはなんとかなったけど。
無事終えて感謝。

集会参加者は全部で約30名、ノンクリスチャンは5名ほど与えられた。
人数だけで一喜一憂すべきではないかもしれない。
一人を追い求めることも必要だろう。
でも単純に与えられた一人一人が嬉しかった。
ゲストの安藤主事のメッセージ、彼等にどのように届いたかな。

夜9時集会は終了。
解散場所が調度大学のクラス会の会場のすぐ近くだったので、
そのままクラスメイト達のところに顔を出し軽く夕飯を食べてから帰宅。

考えてみたら病み上がりの身で良くやったよ自分。
あとはあまり無理せず新年を迎えたいです。





※風邪ひいてから逆に元気になった気がする・・・。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-19 00:24

うん、よし。

回復しました。
39度近くあった熱も、
一晩寝たらすっかり下がった。
心配してくれた方、ありがとう。
もう大丈夫です。
昨日は大事をとって学校は休んだけれど、
今日はしっかり授業に出ました。
昨日一日休んだせいか目もばっちりさえて、
授業中も全く眠くならず、集中して読書できました。
いや、ちゃんと講義内容も要所要所聞いてたさ。

とにかく無事回復。
吐き気もない、下痢もない。
胃痛も腹痛も、頭痛も、ない。
あれだけひどい症状が一晩で治るなんて。
若いって素晴らしい。

でも若さに甘んじる事無く
しっかりとした健康管理の方法を身につけなければね。
生活を正さなきゃ。





※とりあえず冬場の水浴びには注意って事だね。
きょーくん、きょーくん。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-15 23:59 | 日常

満身創痍

やっちゃった。
派手に体調崩しちゃいました。


今日は介護の実習のため5時半起床。
その時から胃がムカムカしていた。
鏡に向かって歯を磨いているとひどい吐き気を催し、
昨日夜遅く食べた夕食と再会。

外出は厳しいかと思ったけれど、
せっかく早起きしたので根性で出発。
1時間電車に揺られる。
いつもは心地よい眠りを提供してくれる電車の揺れは、
全く違うモノに変質していた。
途中何度も降りようかと思ったけれど、
なんとか横浜まで乗り通した。

実習先の養護学校に着くと、
また吐いた。
胃液も出なくなるくらい吐いた。
しかも今度は腹も下した。
下痢と嘔吐。

実習内容はよりによってマラソン大会のお手伝い。
子ども達の無邪気な笑顔に支えられ、
なんとか実習は終えることができたけれど、
その頃にはもうすでに満身創痍。
実習が午前のみで助かった。
午後には大学に行こうと思っていたけど、
1分くらい思案した末敢え無く断念。
自宅に直行。

家に着くのとほぼ同時にぶっ倒れた。
バタンキュー。
ここで胃痛、腹痛に頭痛が加わる。

数時間寝て少し楽になってから体温を計ると、
38.7度だった。

神様、無事家に帰してくれてありがとう。





※明日の授業は無理かな。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-13 21:46 | 日常

それは必ず来る。遅れることはない。

もしおそくなっても、それを待て。
それは必ず来る。遅れる事はない。
ハバクク2:3

遅くなっても、遅れる事はない。
主よいつまでですか。
いつまで僕は自分の心のうちで思い計らなければならならないのですか。
そう叫んでも、決して「彼は」遅れない。
だから待てる。

感謝だ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-12-09 23:59 | 信仰

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite