Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日常( 111 )

ヤンキー先生

「ヤンキー先生」として有名な、テレビなんかでもたまに見かけるヨシイエ先生が今日、
僕の通う大学で教員志望者向けに講演会をされた。
僕は水曜の講義をとっていないので大学に行く予定はなかったのだけど、
せっかくの機会なので講演を聴くために学校まで赴く事にした。


講演を聞いた感想は、さすが話題になる人なだけあるな、という感じ。
現代の教師に求められる資質、態度、授業技術等など、
全てそのまま受け入れられる内容だった訳ではなかったにしろ、
傾聴に値する話題ばかりだった。

話された内容も良かったけれど、
彼の話し方や一貫した態度からも彼が生徒たちに慕われる理由が分かった気がした。


教師という仕事は、決して生易しいものじゃない。
辛い事も多い。
辛いことの方が多いかもしれない。
けれど、それをカバーしても有り余る喜びを、
あの先生は子どもたちからもらっているのだと感じた。

僕は彼のように子どもに関心と愛情を注ぐ事ができるだろうか。
子どもの為に惜しみなく努力できるだろうか。


できねえなぁ。


まだまだたくさんの課題を自分が抱えている事を認識させられた。
けれど、同時にモチベーションも高められた講演でした。



それはそうと、今日はある友人と講演会も含めて半日行動をともにした。
彼とは講演の内容を分かち合えた事もよかったけれど、なんというか、
彼のお陰で今日は慣れきったキャンパスが実に刺激に満ちたものになった、気がする。

ありがとさん。





e0048121_242543.jpg

[PR]
by hiroro_special20 | 2006-07-05 23:59 | 日常

19840627

いやぁ、先日は本当に素晴らしい誕生日だったな。
サプライズの連続。
非常にたくさんの方からブログやらmixiやらメールやらハガキやらで祝って頂き、
すごく嬉しかったです。

昨晩はお誕生日会ということで、
ステキな2人の信仰の友と大人の街、SIBUYAでディナーを共にした。
なんとなくディナーなんて横文字使ってみたけど、お好み焼きね。

e0048121_005823.jpg


正直、渋谷はとても居心地が悪い。
空気が悪い。ナウシカに出てくる腐海みたいに。
そして夜11時を過ぎても見渡す限り人、ひと、ヒト。
小田原じゃ考えられない。
みんな早くうち帰って寝ろよ、と思ってしまう。

まあそれはそれとして、気の置けない友人たちと過ごした時は本当に楽しかった。
2人とも奥多摩の愉快な仲間の一員。
1人は新大学一年生。もう1人は新社会人。
新しい場所で主にあって戦っている二人の話にはとても励まされた。
他愛もない事で心から面白がったり、シラフで真面目な話を出来るステキな仲間たち。
嬉しいね。


e0048121_092355.jpg



このお誕生日会の主催者である新大学生、S西S悟少年からは、
なんとも気の利いたプレゼンツを頂いた。


e0048121_0101960.jpg



煎餅一枚と、フォーク2本と、50ccと150ccの軽量スプーン。
どちらもステンレス製。
そして、お涙頂戴の文句が満載のハガキ。


ステキすぎる。


彼のセンスにはいつも舌を巻きます。


そして社会人のH氏からは夕食をご馳走して頂き、この日は最後まで至れり尽くせり。
心もお腹も満たされました。

ほくほく。





※男臭くてイイ感じ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-06-28 23:17 | 日常

ヒトデ

ヒトデを作りました。


e0048121_23361643.jpg



このヒトデ、なんと乾燥すると見事に湾曲します。
そして水をかけるとまた平べったくなります。


e0048121_23374041.jpg



いえい。


多分前回のハート弓より仕組みは難しいので、今回はしょっぱなから説明。
興味ない人にはきっとつまらないだろうから、続きは読まないほうがいいかもしれない。


知っている人も多いと思うけど、木材は水分を含むと膨張します。
そして乾くと再びもとの形に収縮します。
このヒトデの手(足?)に使用した板は薄く見えるけど実は2枚の板の合板で、
それぞれ収縮率の違う板を張り合わせたものなんですよ。


e0048121_23531233.jpg


・・・もうわかったね?(わからねーよ)


つまり、水分が100%の状態の膨張しきった板を張り合わせると、
乾いた時に収縮率の大きい板の面の方を内側にして湾曲するわけです。
金属でいうバイメタルの木材版。


・・・この説明で分からなかった人、ごめんなさい。
たぶん僕の説明力不足。


ちなみに内容のほとんどは授業で習ったことの受け売り。
受講者数2人のステキな授業。
やっぱりものづくりは楽しいです。


まあ、仕組み云々はいいとして。


時間があまりなかったとはいえ、
こんな面白い材料を使って
よりによってヒトデを作る自分のセンスに脱帽です。
ははは。




さて、何の脈絡もないけど明日の放課後から奥多摩入りします。
カウンセラートレーニング。
良い学びの時になりますように。




※これヒトデ好きにはたまらないだろうなぁ、きっと。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-06-22 23:59 | 日常

WARNING

最近口内炎がひっきりなしにできる。
これじゃ痛くてブルースハープが吹けない・・・。
ってそんな問題じゃないな。

胃が悪いのかな。
それほど忙しい生活は送っていないと思うのだけど。
睡眠不足のせいか、
栄養不足のせいか、
あるいは間食いのし過ぎか(多分全部だ)。

きちんと生活を正さなければ。
捨てるべきものを捨てなければ。


これは身体からの警告だ。




※地に足ついた生活を。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-06-17 23:57 | 日常

ミッキーと急接近

先日のディズニーシー以来、ミッキーとラブラブになってしまいました。
土曜の午後には、彼と3時間半も語り合あった。
e0048121_115375.jpg

ミッキーといっても甲府出身のS村ミッキー(22)だけど。

実はミッキーには2人の妹がいて
そのうちの1人が僕の中学以来の友人なのだけど、
今年の春に知り合ったばかりの兄、ミッキーの方がすでに妹より会話量は多い気がする。
先日のディズニーシーではほぼ全てのアトラクションで隣同士だったし・・・
かなりラブラブです。

彼とは一昨日あたりからス〇イプという無料通話ツールを使って、相当な時間話をした。
他愛もないことから、かなり真面目な話まで。
この記事の冒頭にも書いたように土曜の午後には3時間半も2人で語り合い、
夕方には彼と妹たちとの家族会話にも混ぜてもらい、
チャットも交えて(同時並行で通話もしているのに)ずいぶん白熱した。

複数で無料会話ができるなんて、
便利な世の中になったもんだ。

そして途中からは信州の友人たちも混ざり、
終いにはS村家のお父さんまで乱入され、
大変なことに。

礼拝前日だから流石にみんな最後は自制していたけど、
土曜の夜じゃなければいつまで続いていたことか。

まあ楽しかったけどね、すごく。


S村家を堪能した土曜の午後でした。




※ディズニー大好き一家バンザイ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-06-04 23:58 | 日常

我的ヤンキーブラザー

今日は夕方、オイラのヤンキーブラザーのパソコン購入に付き合った。

e0048121_0395968.jpg


弟は機械類についてはあまり詳しくないので(ゲーム以外は)。

てか、あまり店員さんに威圧的な質問の仕方しないで。
普通に尋ねてるつもりなんだろうけどさ。
店員さんビビるから。こっちもヒヤヒヤもんです。
それとそのヒゲもよした方がいい。
とても僕より年下には見えない。


購入後は、家で彼の新パソコンと無線ルータのセットアップのお手伝い。


手伝い、というか、ほぼ全部僕がやりましたですよ。
4時間近くかかったですよ。ホント疲れた。
ずっと画面とマニュアルとの睨めっこ。
何故か最初ディスクが読み取れなかったり、
ルータとの接続の関係上僕のパソコンも設定し直さなきゃならなかったりで、
えらい時間がかかった。
まあ僕が未熟なのもあるだろうけど。


とにかく、月曜までのレポートが残っていて、
日曜の明日はあまり時間が取れない僕にとっては、
いい迷惑なわけです。


でも、最後に弟の、


「・・・ぁりがとぅ」


照れながらボソっと言ったその一言で、
こういうのも悪くないな、
と結構満たされてしまう僕は、
お人好しなのかもしれない。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-05-27 23:59 | 日常

木材加工演習

こんなん作ってみた。
e0048121_1161195.jpg

分かるかな、こいつの作り方。
e0048121_1215441.jpg


e0048121_135108.jpg
写真じゃ見づらいかな。
赤く染色して糸鋸でハート型にくりぬいた木材の中心に空けた穴に、矢の形をした別の木材が通っているんだ。


最近これを友人に見せた時の反応を見るのが楽しくて。

もし作り方がわかったらコメントで教えて下さい。
非公開の方がいいかな。
正解したら豪華賞品、とはいかないけど、
褒めてあげます。

まあ簡単に正解されても悲しいのだけど。
2年前、これとほぼ同じもの作った先輩に僕が質問された時は、
正解するのに2日かかったし。

ちなみに、材料を切断したり貼り付けたりは一切していないっす。

実物見たい人は直接本人に言って下さい。
多分しばらく持ち歩いてるから。


いやあ、ものづくりって楽しいね。




※でっきるっかな、でっきるっかな♪ (古っ)
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-05-24 01:51 | 日常

少年ひろろ

授業の空き時間にパソコンルームでネットサーフ・・・
他にもっとやるべきことがあるだろうに。
もっと有益な時間の使い方があるだろうに。

少年易老学難成
一寸光陰不可軽

高校3年の時、誰に言われたでもなく数学のノートの表紙にでっかくこう書いた。

なんでだろう。
受験生だったからかな。
因みに数学はてんで駄目だったけれど。


少年老い易く学成り難し。
一瞬の光陰軽んずべからず。

つまり空き時間に不毛なネットサーフしたり無味乾燥な文章書いたりなんかしないで、
きちんと勉強せいという意味ですね。

・・・耳が痛いや。




今晩は学友であり信仰の友でもあるびっけの新居にお泊り。
そして明日はそのままKGKのブロック合同新入生歓迎会に向かいます。
今年もKGKに繋がる多くの新入生が与えられますように。





※どうでもいいけどハン○ートハン○ート良いなあ。最近聞きまくってます。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-05-12 15:50 | 日常

喩えるなら空を駆ける一筋の流れ星

e0048121_3264699.jpg

明日(というか今日)から奥多摩です。
福音の家の青年修養会です。
準備委員なので前日入りします。
大学の授業が終えてから。
だから明日はでっかいバックパックを背負って、
そして多分バックパックギターを担いで大学に行きます。
横浜とは名ばかりの山奥です。


うへぇ、大変だ。


参加する方もしない方も修養会のために是非祈って支えていてください。




美容師志望の弟に髪を切ってもらいました。
DEPAPEPEのCDをガンガンに鳴らしながら、
僕の部屋が髪の毛だらけになりました。

腕はなかなかです。
嘘です。
まだまだ未熟ですが、これからきっと上手くなる感じです。
もう自宅でパーマだって出来ます。
僕はやりませんが。


ああ眠い。
何書いてるかよくわからん。

まあいいや。
文法おかしくたって気にしない。

もう寝なきゃ。
寝よう。


おやすみなさい。
晩安。
グッナイ。




※オチ的なものはないです。(いつものことか)
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-05-02 03:45 | 日常

背中で泣いてる男の美学

こんな夢を見た。

夜中に目を覚ますと(夢の中で、という事だけど)、枕もとに着物を来たおかっぱの女の子が立っている。40センチくらいの日本人形だ。子どもの人形にしては胴回りがほっそりとしていて、どちらかというと大人をそのままミニチュアにしたような感じだったけれど、髪型やふっくらとした顔立ちから、子どもだと分かった。それは何をするでもなく、表情のない顔をしてじっと僕を見下ろしている。

目を覚ますと(今度こそ本当に)、枕もとに人形はいなかった。あるのは東急ハンズで買った210円の黄色い目覚まし時計だけだ。けれど夢と現実の境界が曖昧で、まだ頭のあたりに何かいるような気配を感じて、少しぞっとした。再び眠りにつくのに時間がかかった。


まあたいした夢じゃないのだけど、それで幼い頃によく泊めてもらった祖父母の家の八畳間を思い出した。そこにもやはり日本人形があり、ガラスケースに入ったそれは、子どもではなく紫の着物を着た舞妓さんだった。

僕は、その人形が嫌いだった。今にも動き出しそうな気がしたからだ。実際、その部屋で寝た時にはその人形が動く夢を何度か見た。

先日見た夢と同じように、夢でも僕は眠りについた時と同じ部屋の同じ布団の中にいて、隣には母がいて、その奥には弟もいる。僕は三列に並んだ布団の一番端、人形のすぐ隣に寝ていた。そこで人形はくるくると踊っていた。僕を驚かそうとかする意図はないらしく、ただひたすらに踊っていた。僕の事なんか意にも介していないようだった。それでも僕はそこを離れたくて母の布団に入ろうとするが、その間には黒い、蟻のような虫の行列がここを渡るなと言わんばかりに群を為してうじゃうじゃと移動している。結局僕は動けない。外からは何故か低い呻き声が聞こえる。



たぶんそれは悪夢の部類に入る代物だったと思う。
でも、小学校にあがる前だったかな、当時の僕は結構鈍くて、
それほど強い恐怖は感じなかった。
そりゃ怖かったけどね。


つまり僕が言いたいのは、
ちょっとした事で昔の記憶って蘇るもんだ、って事さ。




※ただの昔話さ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-04-29 15:40 | 日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite