Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日常( 111 )

もしもピアノが弾けたなら

e0048121_22301920.jpg

研究授業が終えた。
僕の授業を見に、校長先生や教頭先生など、お偉い先生方が教室にいらした。
緊張しいの僕はもちろんドキドキだったけれど、
始業のチャイムが鳴ったら不思議と先生方は気にならず子どもたちと楽しく授業が出来た。
案ずるより産むが易し。
いやいや、守られていたのでしょう。感謝。

放課後の僕の授業の協議会では、主任の先生に
「素晴らしい授業でした!」
と評価して頂いた。(たぶん皮肉ではないと思うけど)
単純な僕は素直に喜ぶ。ハレルヤ。
もちろんその後いくつか具体的なご指導を頂き、とても勉強になった。


長いと思われた一ヶ月の教育実習も、残すところあと2日。
僕の担当する授業は、あと8コマだ。



あと8コマ・・・・・。



明日は理科の実験。
アルコールランプを使う。
頼むからみんなふざけないで・・・。

あさっての全日経営の授業6コマ分はほとんど指導案が出来上がってない。
明日は寝られるかな?うへえ。

音楽の授業では、鍵盤が苦手な僕はギターを使う。
それはそれで子どもたちは喜んでくれるけど。
でもやっぱりピアノが弾けたら素敵だろうな。
ピアノが弾ける奥多摩の友人たちの顔が浮かぶ。
僕もがんばろうっと。



さて、
まずは明日の理科の準備だ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-11-15 22:35 | 日常

コーヒー中毒

教育実習が始まってから、インスタントコーヒーを飲むが量が格段に増えた。
朝、デボーションをしながら一杯。
放課後、職員室で記録を書きながら一杯。
夜、明日の授業の準備をしながら一杯。
毎日三杯は飲んでる。
そして今も飲んでいる。

今までそれほど定期的にコーヒーを飲む習慣は無かったのだけど。
なんでかな。疲れると飲みたくなるのだろうか。

まあコーヒー自体は相当な量飲まない限り人体に害はなさそうだけど、
問題は一緒に入れる大量の砂糖とクリープだろう。
別に無糖でも飲めるし、コーヒーを飲むといつも教会の友人T君の

「男は黙ってブラックだ」

と言う科白が頭をよぎるけど、
それでも甘党の僕としてはコーヒーはあまーくして、まったり飲みたいのだ。
まあでも吸収した分の糖分は毎日頭と身体で十分に消費している気もする。

ちなみに僕はコーヒーを飲んだから目が覚めるとか、眠れなくなるということはない。
栄養ドリンクも、あまり効果があったと感じた試しはない。
気休めみたいなもんだ。
そういう体質らしい。



後ろ髪がかつてないほどに伸びてきた。
首にまとわりついてうざったい。
やろうと思えば後ろにまとめて結ぶこともできる。
金田一少年みたいに。
そんなことしないけど。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-11-08 23:38 | 日常

2週目終了。

e0048121_0383089.jpg

早いもので、もう教育実習が2週間を終えた。
あと残り半分。

2週目に入ってから、ぼちぼち僕も授業をするようになった。
今のところ、予想以上に自分の授業が上手くいっていて、怖いくらいだ。
謙遜でもなんでもなく、実際のところ僕にはまだたいした実力はないので、
きっと来週あたりボロが出る。
まあその方がたくさん指導してもらえてありがたいのかな。


子どもたちはかわいいです。とても。
僕は4年生担当なのだけど、
休み時間にはわざわざ他の学年の子まで僕に会いに来てくれる。
なので休み時間はいつも4年生や会いに来てくれた子たちとグラウンドで走り回る。

放課後も、たとえ僕が記録や授業の準備をしていても、
「先生あそんで~!!」と僕ご指名でわざわざ職員室まで子どもたちは押しかけてくれます。
1年生から6年生まで、学年関係なく。
断れるわけがない。

たぶん実習生ってみんなそういうものなのだろうけど、やっぱり嬉しい。
おしゃまな子が多いのにはちょっと困っているけど。


要領が悪いせいか、忙しくなるに連れて睡眠時間がずいぶん減ってきた。
給食後が特に眠くて、昼休みあからさまに眠たそうな顔をしていたら、小学生に怒られた。
くすぐられたり、乗っかられたりしても、眠気は取れず・・・。
もっとタフになりたい。

来週は担当する授業も増えてますます忙しくなるから、週末に充分リフレッシュしなきゃ。
とはいってもやるべき事はたくさん。

がんばれ自分!!おー。





※とりあえず明日はTCUのシオン祭で楽しんできます。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-11-02 22:59 | 日常

実習2日目。

e0048121_024574.jpg

小学校の教育実習2日目が、無事終了しました。ふぅ。
実習期間が終えてみればきっとあっという間なんだろうけど、
この時期は、先はまだまだ長いと感じるな。
慣れないことも多くて、体力的にはすでに結構疲弊してる。

が、

子ども達はやっぱり可愛い!!
担当になった4年生の名前はもう全員覚えた。

昨日はスーツ姿のままクラス一の俊足くんとかけっこ勝負して圧倒的差で勝利し、今日は幅跳びで4年生の平均記録の2倍以上の距離を跳んで尊敬の眼差しで見てもらいました。
素直なリアクションがすごく嬉しい。

でも昼休みにやったサッカーは6年生男子と結構いい勝負だったり。
(球技苦手)


こう書くと遊んでばっかりみたいだけど、決してそんな事はないです。
大変な事は多いけど(そしてこれからもっと大変になるけど)、
残りの期間一所懸命子ども達と向き合っていきたい。


頑張るぞ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-10-25 00:32 | 日常

甲府を笑えない。

今月末からの教育実習の打ち合わせに、
母校の小学校へ行ってきた。

全学年1クラスで、全校生徒が150人弱の小さな小学校。
校舎は特別な教室を除いて全て絨毯ばり。
小奇麗なそれは比較的新しくて広く、
少人数の児童が悠々と使用している。

教室の南の窓は青く、北の窓は緑色。
相模湾と裏山に挟まれた、自然の豊かな学校だ。
我が母校ながら、素晴らしい環境だと思う。


僕の担当の先生と2人で話していたら、突然先生がこんな事を仰った。

「先日のイノシシ騒動があってから、子ども達にイノシシを捜さないようにって呼びかけてるんですよ~」


・・・イノシシ!?


「あれ、先生ご存じないんですか?」

全然知らない。
どうやら近所にイノシシが現れてまだ町中に留まっているらしい。

「ご存じないなら、これあげますよ!」

と言うことで、新聞記事のコピーを頂いた。


『小田原 イノシシ出没 パトロール継続』
『興奮し山に戻らず?』



先日甲府の友人の家の近くに熊やらイノシシやらが現れたと聞いたけど、
小田原も似たようなもんだな。




※そういえば高校には時々猿の群が出たっけ。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-10-11 22:25 | 日常

ブルーカラーなお仕事

最近の記事を読んで分かる通り夏休み遊びまくっていた僕は、
この夏の出費を少しでも取り戻すべく、日雇いバイトなぞしておりました。
純粋な肉体労働。
ブルーワーカーが如何に大変かを知る貴重な経験ができました。

中でも大変だったのは引越し業務。
その日は社員2名、僕を含めた派遣スタッフ2名の計4名での仕事だった。
派遣とはいえ勤務先の某引越しセンターのつなぎを身に包み、
労働内容も社員さんとあまり変わらない。
予想はしていたものの、ハードな労働だった。
ひたすら荷物運び。
陸上やってなければ確実に倒れてたな。
初めてRedBullのお世話になった。

引越しを行うお客さんの旧宅と新宅は車で15分と割と近かったのだけど、
トラックの積載量が2トンと少なく、両宅を3往復した。しかも

「ワリぃけどオメー見張り役ってことで荷台乗って」

ということで僕は毎回一人車内灯の壊れた真っ暗な荷台に、
荷物と共にぎゅうぎゅうに積み込まれることに。
脳内にドナドナが流れてきた。

「これ崩れてきたらオメー、死ぬな・・・」

オィ。

引越しトラックの荷台に乗ったのは高校の文化祭以来2度目だけど、
こんな素敵なスリルを体験したのは初めてだったかもしれない。


現場はCMのさわやかなイメージとは程遠く、非常にピリピリした雰囲気。
ミスをするとすぐさま体育会系の社員さんの怒声が飛んでくる。

社員さんA「やることねーなら、さっさと荷物トラックに運べ!!」
僕「ハイッ!!スンマセン!!」

社員さんB「ポンポン荷物持ってくんじゃねーよ!!」
僕「ハイッ!!スンマセン!!」

休憩時間を除けば、「ハイ!」か「スンマセン!」しかしゃべらなかったような。

社員さんA「石黒ぉ!!」 僕「ハイッ!!」
社員さんB「大塚ぁ!!」 僕「ハイッ!!」

名前なんてどうだっていいみたい。
訂正する余裕もなかった。


引越し屋さんで働く人はすごいなぁと、身をもって感じた一日だった。
あんな過酷な労働毎日こなして。
あんな細腕であんな重い家具をぽんぽん運んで。
プロの仕事を見ました。


それにしても、お給料としてはあまりにも割に合わないものだった。
一日蟻のように働いたのに・・・。
お陰で次の日は上半身中が筋肉痛になった。
高校時代の部活を彷彿とさせる疲労感。

ん、待てよ、もし高校時代部活に費やしたエネルギーをバイトに向けていたら、
一体いくら稼げたのだろう?

まあそんなこと考えるのはナンセンスかな。
お金には代えられないものも得られたしね。うん。




※腰痛とかね。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-10-01 20:41 | 日常

先生どうして空は青いのですか

今日はとても空が青かったので、
山に登って海を見た。
e0048121_0292680.jpg

山と言っても、原付で近所の農道を登ること3分ほど。
別に遠出なんてしなくったって、素敵な景色は見つかるもんさ。

日差しは強いが雨上がりの空気がひんやりと心地よい。
僕は調子に乗って農道を突っ走る。

少し走ると知らない場所に出た。
農道なんてあまり走ることないからな。

走れば走るほど、道が牛臭くなってくる。
気づくと、母校の中学校の近くにいた。

そうか、この道はここに通じていたんだ。

小さな発見が嬉しい昼下がり。


もうすぐ学校が始まる。
e0048121_0275688.jpg

[PR]
by hiroro_special20 | 2006-09-27 23:59 | 日常

夢の国、そしてほうとう。

合計すると8月は半分くらい奥多摩に滞在していた僕ですが、
明日からは夢に国へ行ってまいります。
6月はシーに行ったけれど、今度はランドへ。

春から温めてきた企画のなので、
本当に今からどきどきわくわくです。

参加者は中学生、女子高生、大学生、専門学校生、社会人から成る9名。
へんてこりんな面子ですが、みんな気の置けない奥多摩の愉快な仲間たち。
この人たちとなら、きっと長い待ち時間もへっちゃらさ。

ランドに行った後は、そのまま甲府へ直行。
こっちはこっちで中学の時から行きたかった場所なので、
楽しみで仕方がない。
懐具合に不安はあるものの、まあ何とかなるだろう。
ほうとう食ってきます。


明日は五時起床。
寝坊したら洒落にならんのです。
自分で集合は舞浜に8時半と提案したので。


もう寝よう。
おやすみなさい。





※夢の国と言っても、数年前経営悪化のため閉園した横浜のあそこではないです。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-30 22:47 | 日常

犬助計画

我が家に犬が来た。
e0048121_23124667.jpg

一家全員の反対を押し切って、
弟が何処からか購入してきた。
トイプードルとかいう犬種の子犬。
高価そうな名前だが弟が自腹で買ったようなので、
それほど高くは無かったのだろう。

そいつはかなり横柄な態度で接する僕にも
尻尾を振って懐いて来る可愛い奴なのだが、
(出会っていきなりでお腹見せて服従してきた)
名前がまだ無い。
弟は昨晩からノワールとか呼んでいるが、
いくらフランス産で毛が黒いからって、
ちょっと気取りすぎてて我が家の柄じゃない。

だから僕は犬助(犬介でもいいけど)と勝手に名付け、
弟の文句も気にせずそう呼ぶことにした。
何度も呼んでいると、
犬助!という僕の呼び声に反応するようになってきた。
彼(オスね)が自分が犬助だと自覚する日は、
きっとそう遠くはないだろう。




※犬も黒いが弟も黒い。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-08-13 23:11 | 日常

戦略的花火大会

昨日、横浜の花火大会に行きました。

横浜と言っても、みなとの方で開催されたアレではありません。

僕らにとってアレは前座にしか過ぎません。

それは、天王町という物音一つ立たない町の一角、

静かで至極全うな公園で行われました。


そこには、男たちの負けられない熱く激しい戦いがありました。

大学生も神学生も関係ない。

手に持ってはいけない花火は基本、手に持ちます。

ロケット花火は水平方向に飛びます。

戦いでした。

花火は見るものじゃない、やるものだ。

そう思いました。

e0048121_031910.jpg


最後はお約束の線香花火。

夏の終わりを感じました。
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-07-17 23:59 | 日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite