Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

D I Y

あと少しで木製アタッシュケースが完成する。
e0048121_23225532.jpg

木材加工という授業の自由課題で作る事を決めたアタッシュケース。
設計図を書き、ホームセンターで木材のファルカータと丁番、蝶番、ニスを購入し、
けがき、材料の切断、かんな掛け、面取り、組み立て等々を経て写真の状態に。

先日、独り木工室に引きこもり、
友人から譲ってもらった廃材の集成材パインを糸のこで削って作った取っ手を木ねじで本体にとり付け(写真は本体の上に置いてあるだけ)、ニスを塗った。
あとは仕上げに320番のヤスリ掛けをすれば完成。
よし。
もう一息だ。


不本意ながら進んだこの技術科という専攻。
大学まできて何でオレはこんな事勉強してんだ・・・と腐った事もあるが、
まあ人生にはこのくらいのオプションがあってもいいだろ。

それにもの作りに集中している時は、とても心地がよい。
どうやら僕は何かに没頭している時にとても幸せを感じるらしい。
それは時に読書であったり、好きなスポーツであったり、
テレビゲームであったりするわけだが、
何にせよ余計な事に煩わされる事なく一つの物事に集中している時は、
気分がいい。

だから蚊の大量に飛び交う畑を耕すのも、
はんだごてを駆使して滅多に使わないテスタや懐中電灯を作るのも、
それほど悪くはない。

身につけた技術が将来役に立つ事もあろう。
(と思わなければやってられない部分もあるのも事実だが)

大学に入る時はまさかこんな技術や知識を身につける事になろうとは、
思いも寄らなかった。
上手くいかないことはたくさんあるけど
(というか上手くいかないことがほとんどだけれど)、
そこにある恵みにも少しずつ気づかされてる。
素直に感謝できることばかりじゃないけど、
苦しみ悲しみ涙する中で神の愛を感じ、
じわじわとくるなんとも言えない喜びがある。
うまく言えないけど。



とどのつまり僕が何を言いたいかというと、
このアタッシュケースを完成させて設計図を改めて書き直さない事には、
僕の春休みは来ないという事である。





※先日はKGK総会に参加してきました。(言及それだけかよ)
[PR]
by hiroro_special20 | 2006-02-19 23:59 | 日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite