Solitary Place

hirorosp20.exblog.jp ブログトップ

ユースフォーラム

日曜の午後から一泊かけてユースフォーラムに参加して来た。
今回僕が参加したユースフォーラムとは、毎年開催している日本福音キリスト教会連合(JECA)の南関東地区の青年の集いの事で、今年の会場は代々木オリンピックセンターだった。オリンピック開催時は選手村になっていただけあって、なかなか規模も大きくて綺麗な所だった。食事も割とちゃんとしていて、すごくとは言わないけど、美味しい。入浴場にいかにも「全国柔道ユース選抜チーム!」みたいな感じの人たちが何十人もたむろしていた事を別にすれば、かなりくつろげる場所であった。

この合宿の目的は、JECAの南関東地区の普段なかなか会えない青年たちがともに御言葉を聞き、分かち合い、交わりの時を持つ、というもの。僕は今回が初参加で、一体どんな人たちが参加するのだろうと少し身構えていたのだけど、蓋を開けてみると知り合いだらけで拍子抜けしてしまった。35人くらい参加者がいて、8割くらいの人と顔見知りだった。僕もずいぶん顔が広くなったなーとしみじみ思う。狭い世界だけれど。
KGKの友人もいたけど、どちらかというと中学高校と奥多摩のバイブルキャンプで出会ってきた友人が中心で、割と気心の知れている人ばかりだったから、そういう意味ではかなりリラックスできたと思う。

合宿中メッセージは2回あり、テーマは「はじめの一歩」だった。
実は中学2年の時の夏キャンプが同じ名前のテーマで、少し懐かしく感じた。
でもあの時は確か「はじめの一歩を踏み出そう!」という内容だったけれど、今回は「初めの一歩に立ち返ろう」というものだったと思う。ここしばらく雑事に忙殺されてじっくりと自分の救われた経緯に思いを巡らせる事もあまりなかったので、いつの間にかどこかに行ってしまった喜びを思い返す良い時になったと思う。感謝。

帰り、中高生の頃のキャンプのようにあまりお互いの別れを惜しまなかったのは、南関東地区という比較的近いところに住んでいる者同士というのもあるだろうけど、なにより同じ神様を信じている限りやはりまたどこかで会えるだろうという気持ちが大きかったからだと思う。
会って別れるたびにいちいち今生の別れのように寂しがるのも良いと思うけど、成長するに連れてそれも良い意味で変わっていくんだと感じた。




※どうでも良いけど同室者が学内聖研の先輩(在学中)だったのには随分気が抜けた・・・。
「普段なかなか会えない青年たち」の交わりにはならないわな。
[PR]
by hiroro_special20 | 2005-10-10 22:25 | 日常

When Jesus heard what had happened, he withdrew by boat privately to a solitary place. <Matt14:13>


by hiroro_special20
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite